海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

メルボルンの話をしようと思ったけど、そう言えば上海の話が全然中途半端だったことに気づきましたの!

・・・つか、今回のメルボルン、3年も一緒に旅行してないってのはなんかカップルとしてマズいかなとトビ氏も同行となったんだけど



・・・






まだあんまり思い出したくないから他の話をするわ~~~


そんなワケで今日は4月に行った上海話を


     -----------



どこ行きたい?

と聞くと決まって「ジャパーン!」と答えるキッ子・・・

日本なんて住んでたしくさるほど見たから行きたくない母、


上海なら大きいお風呂(コチラの過去記事参照)もあるし桜も見れるよ!


と説き伏せてやって参りましたので、桜を・・・

と、ネットで色々下調べし

コチラのサイト(2011年の記事だけど)に乗っていた

昔のこじゃれた家並みを残す旧フランス租界にほど近い青海路と言う通りには桜の咲き乱れるロマンチックな小路があり、おされなカフェもあるよって書いてあるから、旧フランス租界観光も兼ねて行ってみよう!!


と出かけたものの、


ええー


のしょぼさで・・・ しょぼ過ぎて写真も撮ってない



そのエリアのおしゃれカフェってのでご飯を食べつつ・・・

asia

カフェも大しておしゃれじゃないし、ご飯もいまいちだし


うーん、

なんか

今日は

日曜だから混むだろうし明日あたり行ってみようと思ってたけど


桜が一万本植わっててただ今桜まつり開催中とか言う郊外の顧村公園に行きたくなったぞ!!


と、一路きびすを返し、地下鉄で顧村公園へ


asia

ひー

予想はしてたけど、さすが中国一の大都市、人が多いねっ!


入り口の案内図

asia

ピンクが桜の植わっているゾーンですか?

おおー、たくさん植わってるんだね!

一万本だもんね!

さあさあ、行ってみよう


・・・


・・・





asia


asia


どれもこれも小さい!


うーん、中国で桜を愛でるってのは近年のブームであるのか

桜だもんねー

欲しい!って昨日今日植えて立派な木になるってもんじゃないもんね。

上海の桜の見どころについて書いたサイトには


上海でも桜が見れるようになったからもうわざわざ日本まで行く必要はないよ!


みたいに書いてあって、日本への観光客も減るのか・・・と思ったけど


上海が桜の見どころと言われるには

50年かかると思われます!


蘇州へ行くまでの新幹線路沿いに庭木の農園みたいなのが見えて、桜もたくさん育ててるみたいで、中国も桜で彩られつつはあるみたいだけど、日本以上になるのはわたくしがとっくに死んだあとですな~。


しかし、上海郊外では一番の大きさの森林公園と言うこちら、とにかく広大で、新しげだけど割と風光明媚なとこもあるし

asia


なぜかそこここの地面にスピーカーが植わっていて

asia

ムーディーな音楽が流れてたり


ちょっとした遊具も結構あって

asia

asia


広大なんでピクニックしてる人も多数。

asia
割ときれいな上海もさすがにこの人数が集うとゴミが散らばるようである。


桜まつりで屋台もたくさん出てて

asia

上海名物臭豆腐の屋台の周囲200mくらいなんて臭い食欲をそそるにほひが漂っていたり


思ったような満開の桜は見られずキッ子もわたくしもがっくり、帰りは駅から地下鉄から殺人的な人の多さでげっそりな帰路ではあったけど、上海の人々春の憩いの週末が垣間見れたのはちょっと面白かったでございます。

4月に行った上海旅行の話が終わらない~

体調がすぐれませんでね・・・四十路の身にむち打ち生きてます(;;


上海では恒例の、スーパー探訪もしておりましたのよ。
今日はその模様を。

狙いを定めましたのは、タイでもおなじみイギリス系のテスコ。

asia

しかし、イギリス風味はあんまり感じられず、中華!って感じではございましたが・・・

何しろわたくし、中華圏住んでございますでしょう、だもんでかあんまり目新しい感じもなくってねー。

つか、そう言えばそれでも広州のスーパーは楽しかったな。
上海ってなんだろう、中華圏の中でも文化に特徴がないのかしらん?

さして特徴のない野菜や果物コーナーをつらっと見て

おつまみ的なコーナーへ。
こちらは充実しております。
種類が豊富でね。

鶏の足とか

asia

こうなってると足っていうか手っぽいんだけど。


これは

くちばし?

asia


そして

asia

鴨の舌なの?

鴨の舌だけ集めたの?

中国には工場で一日中鴨の舌を引っこ抜いてる人たちがいるのかー・・・


と、言うワケで、日本人にとってはゲテものオンパレードって感じだけども、まぁいただくからには鶏のボディの余すところなくいただいていらっしゃるって感じですかね。

ドイツ人もたいがい牛とかのゲテ部位食べてるみたいだし。

イギリスのスーパーにも牛の心臓とか売ってたし。

中国は特に徹底してるみたいだけど、肉食の伝統のある国では余すところなくいただくのが普通?っぽい。


それから、どうやら名物らしい

臭豆腐

asia

上海の名物らしく、あちこちで見ました。

文字通り臭い豆腐ってことで、これ売ってる店の半径500mくらいくさいね。

わたし納豆もダメなんだけど、くさいものを口に入れるなんて意味が不明なので食べておりません~。


魚の皮らしい。

asia

アジア全域で、パッケージに日本語を使うとなんかちょっといいものっぽくなる風潮がありますな。
嬉しいことです。

魚の皮、シンガポールのレストランで出てきたことがありましたわー。

川魚の皮って感じでなんか臭みがあって自分的にコンセプト不明。あんまり好きじゃないかも。


あと、シンガポールではおやつコーナーにある海苔でございますが、上海ではおつまみコーナーにたくさんあった・・・

その中に

asia

トマト味の海苔。

ちょっと興味があったけど。

買ってみれば良かったな。

トマト味の海苔・・・


歩みを進めて行くと


鮮魚コーナーに

asia

子亀が。

シンガポールでも亀ってチャイナタウンのマーケットで売ってるんで特に驚きはしないわね。

しかし家で調理するんだろか(?-?

子亀に手を掛けるのは気が引けるなぁ・・・


かいぼう・・・

asia

と言う以外はお肉コーナーで売ってるものはわりかし普通だったけど

asia

精肉は客が手づかみで選ぶらしいところはちょっとよそと違っていたかも・・・


2013年の上海は、伝統がそんなに残ってる訳でもなく、かと言って洗練されてお洒落でモダンってワケでもなく、中途半端~な感じであった。

多分今どきの上海の人民は、ちょっと都心から外れると立ち並んでるこんな感じの

asia

団地に住んでるんじゃないかな。

そんな上海だけど、昔ながらっぽい街並みが残っていると知り、行ってみた。

そこは方浜中路(上海老街)と言う。
有名な観光地豫園の近く。

asia

方浜中路は昔ながらの商店街みたいな通り。

散策を開始すると・・・


asia


ま、まーとん!!


わたし知ってるわ!

それ、マートン = 馬桶でございましょ?


マートンとは、大人も使う中国版おまる。

昔ながらの中国の家にはトイレがなかったので壷に用を足して共用トイレに流しに行っていたとか。





早速昔ながらを目撃してしまった。


そんな商店街

おじさんたちが何やら群がっていたり

asia

近寄ってみたけど、使い古しの電源コードみたいなのが山盛りに積んであった・・・

なぜに人だかり(?-?


わき道に入ってみる。

asia

わき道にも商いをする人たちが

asia


asia


人々の日常も

asia


asia


asia


asia


でもねー、人の顔がハッピーじゃないんだな、ここって。

喜んで古い街に住んでいるのではないってのが見て取れる。

きっと他の人たちはどんどん郊外の新しいきれいなとこに行っちゃうのに、不器用だったりで残っちゃったんだろうねぇ・・・。

物見にくるとこじゃなかったわ。
さあ行きましょう。

帰りはタクシーでも拾おうかと虎丘の、運河沿いじゃなくって道路の方の出口を出る。



蘇州四大庭園とかじゃないせいかしらね、上海からの日帰り旅行のルートには入ってないのかしら、庭園の入り口付近は出店も細々と言う風情。

asia


その中に

asia

焼き芋。

ドラム缶を改造した焼き器がなんとも良い感じですが。


昔、友達が知り合いの人から、上海だか北京だかに行ったら焼き芋を食べるべしと言われて・・・と言っていたのを思い出し、買ってみることに。


んで、ふと隣を見ると

asia

なんかブドウっぽいんだけど、一回りくらい大きくて、外してあるのかな?房にはなっていない。

ついでに試してみよう。


んで、売ってるおばちゃんに10元分ちょうだいって意味で ipad に


10元


って書いて見せると


いやいや、って感じで指を二本出して見せてちょっと困った感じの反応。

さっきの焼き芋屋のおっちゃんも来て

十元札を二枚見せながら手を何かをすくうようなかたちにして見せて何か言っている。


これはひとすくいくらいの量で二十元なんだよ


と言ってるもよう。


え、ひとすくいで二十元(300円くらい)って高くない?


でもおじさんは自分の目を指さして一生懸命何か説明してて、どうやら目に特別な効能のある果物である感じ。


まぁいいです。

これまで見たことない果物だし、食べてみたいし。

買いまーす。

どんな味がするか楽しみだなぁ、と思いながら

焼き芋屋の気のいいおっちゃんにこれ撮っていい?ってカメラを焼き芋器に向けながら言ったら


わし、わしも撮って~




asia



珍しい果物の売ってるとこもと思っておばちゃんに言うと


わたしも撮って~


asia


インド(過去記事)、イエメン(過去記事)、ポルトガル(過去記事)だけでなく

意外と中国にもいた、オレを撮ってくれピープル。

都会然とした上海の方々とは一味違う蘇州の人々であった。


あ、それで焼き芋はどうだったかと言うと、焼き芋って言うか焼きカボチャって感じでございました。

日本の外ではスイートポテトってカボチャみたいな味がするのがほとんどだから、真っ当と言えばそうかも。

ブドウみたいな果物は、ブドウらしいねっとりした甘さのないブドウって感じでございましたわ。


そしてタクシー拾って上海へ戻るべく駅へ。


ほ、ホームだだっ広っ!!!

asia


列車長ーーーーーー!!!

asia


だからスケールが違い過ぎるんだって!中国の駅!!

中華なシンガポールに住んでるんで、中国っぽい感じにはそんなに心動かされないんだけど、こう言うの見て違う国に来たー!ってしみじみ感じるわね。


帰りの和諧号の中。

asia

行きとシートの様子が違いますが。

上海では、インフォメーションのおじさんにあそこでチケットを買えと言われて英語を話せる駅員のいる窓口に並んで買ったんだけど

窓口のお姉さんは取り付く島もない無愛想さで、一等席に乗りたいって言う間もなく普通席のチケットを買わされたんだけども

英語通じないし心配しながら並んだ蘇州の駅では、例によって ipad に


 上海

 一等

 大人

 小人



と漢字で書いて自分とキッ子を指さして見せたら普通に買えた(^^;


そう言えば前に書いた、上海 - 蘇州間の和諧号チケット代59.90元って言うのは一等席のお値段でございました。


そんなワケで、旅行気分満喫させていただき、上海へ戻るのであった。
そうして偶然のように着いた虎丘。

asia

八角形の塔が目印の庭園だけど、この塔

asia

傾いている。

ピサの斜塔は結構しょうもないって話を聞くけど、こっちの塔は立派な庭園ですからね~。
お得と言うか。
なんで有名じゃないんだろ。


庭園は結構広くって、

asia

何か史跡っぽいのがいっぱいある。


そのひとつになんか古い井戸があり

キッ子が水を汲むと言うので


あなたには重いわよー。

まぁやってみれば。


と、汲ませていたら

asia

知らないお兄さんが手伝ってくれた。


庭園では天女みたいな女の人がなんか演奏してたり

asia


あー、なんか古き良きって言うか~


と、庭園の高台にのぼって見渡すと

asia

急に現実。

観光地として有名な蘇州は工業地帯でもあるのだった。


出口に向かう路はちょっと出雲大社っぽい。

asia


<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>