海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

日本に行ったらアレに行きたいなぁ・・・と思っていたものに参加ができまして

japan

反原発デモ


毎週金曜に東京や大阪の電力会社前でやってるって言うんだけど、今回の来日はタイミングが合わなかったなーと思ってたら、会おうと言っていた友達の方から金曜のデモに行かないかと話が来たのだった!

友よ~。


この日のデモは、大飯原発の再稼動に反対するもの。

わたし自身は、大飯原発の再稼動自体に絶対反対と言う考えではない。

日本のような人口の多い経済活動の活発な先進国で原発なしで電力をまかなっている国ってあるのかしら。

安定した代替エネルギーの供給を誰も提案できない中、簡単に、じゃあ原発はいりません、つぶしてしまいましょうと言って良いものか?と言う疑問は残る。


しかし実際問題、東北で起こったほどの天災は滅多に起こるものではないにしても、どうしても人災は起こる可能性は否めない。

しかも日本なんて過去に、茨城県の東海村の核関連の施設で、核が反応を起こす


ウラン溶液をバケツでぞんざいに扱い


ちゃんとプロテクトされた設備内じゃないただの屋内で核の分裂反応を起こし

2名が死亡、1名が重症となった他、667名の被曝者を出した

って言う前代未聞のとんでもない人災事故を起こしてるし!!!


コチラの動画に詳しいよ

動画は1~4まであります。


動画にあるように、事故で被曝した作業員は地獄の苦しみを味わった後になくなっている。

動画4番目の最後に担当医師が語った


一歩間違うととんでもない事になるなと

たとえどんな最新の技術や機器をもってしても到底とても太刀打ちできない

破滅的な影響をもたらすのだなとは実感した



と言う言葉、これに尽きます。

何か起こったら、人間を破壊し尽くす、そんなものなのに、どうしたら良いのか誰も知らない


そして


この事故現場に直面して命の助かった人は


「事故原因は『無知』だった」


と言っていたと言うけど、そんな危ないものなのに、高度な知識がないととんでもないことを起こしてしまう可能性もある

そんな恐ろしいものを我々は使っていたのね。



さらに、原子力で発電したあとに出るゴミ、放射性廃棄物の処理方法は、確立されていない。

今やっている方法は本当に安全なの?

わたしたちの子供や孫の世代に影響はないと言い切れるの?



多くの人が漠然とでもそんな恐れをいだいていると言うのに、電力会社は国民にたいした説明もないまま、何かあった時の対策の提示もしないまま、大飯原発を再稼動って



バカにするのも大概にしろって思いませんか????



わたしたち、バカにされてますよ?


311後、ドイツ政府はいち早く2020年の脱原発の意思を表示した(その前から脱原発の話し合いしていたのもあるらしいが)

トビ氏は


現実的な案とは思えない。
メルケルはポピュリストだから。



と言うけど、ドイツではその案を提示しなければ国民の支持を維持できないと言う危機感が政治家にあると言うことでしょ?

日本の政治家はどう?

原発のことにかかわらず、国民の意思なんて屁とも思ってない態度じゃないの。

国を動かすのは国民の意思だと、そう言うまったく普通の認識が日本の国には欠如してない?


こんなかたちでの大飯原発の再稼動を容認することは、


わたしたちには確固たる意思はありません。

何でもあんたたちの好きにしてちょうだい


って

国や大企業に言ってるのと同じではないか?

極論で言えば、こんなままでいたら、日本がかつて陥った軍国主義のような大失敗を再び起こすことにもなりかねないのでは?



難しく考えなくていい、

ただデモの集団に混ざっているだけで


ここに、反対している人間がいます。


って、自分の存在そのもので意思が表示できるのよ。

と言うか、今の日本では国民はナメられ切ってて、行動を起こさないと意思は伝わらない。


わたしは娘に、わたしたちの祖国はすばらしい国だと、自慢できる国だと言いたい。

自分の祖国が、人々がハッピーに暮らしている国であって欲しい。

ひたすらそう願うのよ。




アレもアレも外せない!
つづきは ⇒コチラ


 前回、大阪の中崎町にやって来たと言うところまでお話いたしましたが

 何しに来たかと言うと

 日本に行ったら是非行ってみたかった!

 これ!

japan

 猫カフェ


 猫にまみれたかったのよぉぉぉ~


 入場料とは別料金でエサを購入してあげることができる。

 エサの入った戸棚を開けると

japan


 エサか?

 エサくれるのか?


 と猫ちゃんたちが一斉に色めきたってやって来る


 んで


 食うだけ食ったらまた元のポジションに戻って

japan


 寝る・・・


 午後の静かなひととき・・・



 うわーん


 かまってくれー!


 これまた別料金の猫じゃらしを借りてみたが


 飽きてんだよ、そんなのはよー


japan
 
 って感じ。


 うう・・・


japan

 ん?

japan

 長丸!!


 そして

 あなた

japan

 顔、個性的!

 お前のあだ名はあさしおだっ!

 それにしてもぐーぐーいびき書いて寝てますが、相当な癒し系だぜ、お前!


 と、言うワケであんまり遊んではもらえなかったけど、さわらせてくれるヤツもいくつかいたし満足といたそう。

 シンガポールはノラちゃん多いけど触らせてはくれないからねー。
 


 今回訪ねた猫カフェは「猫の時間」と言いました。




 冗談じゃないよ!
 わたしは怒りはきちんと伝える。
 つづきは ⇒コチラ
 出雲から飛んだのは、2012年大日本紀行最終目的地の大阪。

 キャセイパシフィックで

 シンガポール発・香港経由 ⇒ 成田着 ⇒ 大阪発 ⇒ 香港着 ⇒ 香港発 ⇒ シンガポール着

 ってチケットを取っての今回の旅。

 たった一万円ちょっと足すだけで自由に飛べたのでねっ

 4年振りの日本だし、あっちこっち行っちゃったわよ~。


 大阪に来るのは2007年、出産直前の正月以来。

 その時も5年以上振りに行ったんだけど、梅田の変貌振りには目をむいたわねー!

 大阪人は新しいもの好きだもんね。

 今回も、梅田はさらにパワーアップしてたわっ

 茶屋町、JR大阪駅周辺はリニューアルされて新しいショッピングモールが林立。

 大阪ってアジア的な熱いエネルギーを感じる街だなぁ。

 
 そんな梅田を経由、一駅先の中崎町に向かったの。

 新しいものを求める大阪人の旺盛な好奇心、物欲を満たすべく発展し続ける梅田・・・

 からたった一駅なんだけど

 駅を出ると
  
japan


japan


japan

 昔ながらの商店街。

 大阪はほんとにカラフルな街だなーって思うね。

 梅田がつるっと磨かれたメタリックな色あいだとすると、いぶし銀な風景もすぐそこにあったりする。

 コリアンタウンのある鶴橋は商店街に山盛り売ってる唐辛子の赤とか?

 大阪城公園あたりはそのまんま緑か?

 色んな色があふれている感じ。

 東京は空襲で焼け野原にされて、なんか精神的なものまで焼き払われちゃったのかな、画一的で面白くない。

 あと大阪には沖縄とかコリアとか、よそからやって来た人たちも自分たちの生活スタイルを持ち続けるのを受け入れるような大らかさとかあるのかな。


 大らかに生きて来たオーラ大放出の大阪キャンディーズ。

japan

 いやー、お顔がお見せできなくてとっても残念。
 ほんといいお顔してらっしゃるんだけど!
 あ、右の方は具志堅用高じゃないよ。

 人も面白い人が多いよねー。
 あと大阪の人って仕事にプライド持ってて仕事の話しても面白いって事が多い。


 エネルギーありあまってるんでしょうか

japan

 商店街をたくさん行き来している自転車が誰も彼も全速力!!って感じでちょっと怖かったんですけど

 おっとり南国で暮らしてるわたしがスピード感について行けてないだけ?

 そんなに急いでどこへ行く?!

 
 取りとめがなくなっちゃったけど、何が言いたかったかって

 近代的な大都会のすぐ隣にもずっと変わらない懐かしいような町並みがたくさん残ってたりするやっぱ大阪って面白い。

 大阪には楽しい思いでもたくさんあるし ⇒コチラ

 今回さすがにあちこち回り過ぎて残された体力に限りがあって(^^;)大阪では行きたくても行けなかったとこだらけだし

 思い残すことたくさんの大阪。

 いつまでもラブリーな街でいて欲しい。

 大阪はわたしのことなんて何とも思っちゃいないだろうけど、わたしはいつまでも大阪ラブなのよ。


japan


 あ、それで何で中崎町に行ったかって話はまた今度。




 あああああ・・・たまらん
 つづきは ⇒コチラ

 出雲で、友達に「どっかアレが売ってるとこに行けたらいいなぁー」って言ったら、わざわざそのアレの総本山に連れて行ってくれました!

 それは、たたずまいを見ただけでも心が落ち着くような一軒家であった。

japan

 明治初期の米蔵を譲り受け、移築、増改築した建物だって。

japan


 こちら、出西窯と言う窯元の工房にある展示販売所。

 今回の日本行きに際してお世話になった方へのお礼のお土産に出西窯の何かがいいなーって思ったのであった。

 この出西窯、意外と知ってる人は知ってるんだよね。


 我が家にもあるのですよ。

japan

 イメージカラーと言ってもよろしい気がする、出西窯と言えばの美しい青~!

 こちら友達からのいただき物。

 こんな立派なものになると自腹で買うにはえいやって決心のいるグレードだけど(^^;)ありがとう友達!

 山陰 ⇒ 東京 ⇒ ロンドン ⇒ シンガポール と一緒に移動して大事に使っているよ~。


 作品の展示スペースは写真どうかな?って思ったので撮ってないんだけど、この展示場、お客は無料でコーヒーかお茶がいただけるようになっており、そちらの写真はこんな感じ。

japan


 飲み物はもちろん出西窯の器でいただけます。

japan

 好きなのを選び放題でちょっと贅沢な気分。


 展示場の様子や売られている作品なんかはHPに詳しい ⇒コチラ



 そして車は空港へ・・・

japan

 この立派過ぎる松の生垣は、ついじまつと呼ばる防風林で、この辺りで昔ながらの農家の家によく見られる。

 この辺は平野になってるから風が強いのかな。


 そして飛行機に乗り込み、山陰にさよなら。

 飛行機ちっちゃ!!Σ(--
 
P1010932.jpg

 でも満席に近くて取りあえず需要はあるみたいで何よりだ・・・




 いつまでも片想いのあそこに
 つづきは ⇒コチラ

 日本旅行に話を戻します~。

 前回最後に出て来た地球外生物のような物体の写真・・・

japan

 
 干したサメ?のアップだったのでした。

japan

 土産物屋の客寄せ?に店先に掛けてあるの。


 そう、ここは海辺。

japan

 船越栄一郎が犯人を追い詰めに来たことがありそうな崖でございますが


 ここ日御碕は

japan

 43.65mの石作りとしては日本一の高さを誇る灯台のある観光地。

 
 灯台は登れるけど、これまで散々昇ったことがあるんで今回は昇りません。

 何しに来たかって言うと、この日御碕までの海沿いのドライブが絶景だからなのよ~。

 車窓の景色って、おおっ、って思った瞬間流れて行くから写真が撮れず、説得力ございませんが(^0^;


 灯台の周りは土産物屋が並んでるんだけど

 平日なんて観光客の姿はほとんどなくってキリコの絵の世界なんだよー!

japan


 そんなひなびた観光地のひなびた土産物屋をのぞいてみるのもまた一興。

japan

 友達イチオシの店はのすたるじーあふれまくり(^m^

 貝殻類がたくさん売ってるけど、なんかよく分からない生き物も売ってたり。

japan

 白いアスパラみたいなヤツ、『偕老洞穴』って書いてあるんだけど、ググっても出て来ないんだよー。
 なんだこの生き物(?-?


 日御碕の名物・貝めし

japan

 ベベ貝って貝の炊き込みご飯らしい。


 夜は花火大会。

japan

 日帰り温泉に連れて行ってもらったり。

 楽しい日本の夏の思い出をサンキュー、友達&友達の家族&近所の子!




 美し過ぎるものの館をたずねに・・・
 つづきは ⇒コチラ



<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>