海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人の夫と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

カニ、カニ、カニ食べてますか~?

わたくしは滅多にカニ、食べません。
なぜかと言うと過去に食べ過ぎ、もうカニはいらん~と思って生きて来たから・・・

わたくしが以前住んでいた鳥取の米子市は、隣に境港市と言う、ズワイガニの水揚げ量全国一の漁港を持つ町があり・・・何だかんだで食べたんだよね!

わたくしの知る限り、境港市民でカニの好きな人はおりません。
半端ものとかを漁港関係者にもらうことが多いらしく、食べ過ぎてもういらん!と言う感じみたいですわ。
カニは食べ過ぎるともう食べたくなくなるもののよう。

そんなワケで、シンガポールに住んで三年経過しても、名物のチリクラブを食べたこともなかったのよね!
聞けばやはり手がぎとぎとになると言うし、何でわざわざ・・・と言うところでね。


しかしだよ、あれだけはなんか興味があったの。

ローカルもあれは美味い!と太鼓判を押すカニヌードルスープ。

それを出す店は都心からちょっと北に行ったとこにあるんだけど、Novenaの駅からタクシー拾って「Crab Noodle Soup の店へ」と言えば、あいよっと連れて行ってもらえると言うほど有名なんですよっ!とか聞いて。

昨年末、日本からいらした方が行ってみたいとおっしゃり、わたしも行きたかったんですぅ~!とお供させていただきました。

めちゃ人気で二時間くらい待たされるのもザラで、さらに注文してからも何十分も待たされる事がある…とか色んなサイトで読み


では開店の十五分前に乗り込みましょう!


といそいそと向かったら

客は我々だけだったΣ(-□-;)

singapore
05-11 23:42

このカニの店、メルベンって言うんだけど

アンモキオとトアパヨに2店舗あるのよね。

ウチらトアパヨの方に行ったんだけど、ひょっとしたら皆さんアンモキオの方にこぞっておいでになるの?

でも

トアパヨのカニヌードルスープも

singapore

スープは見た目から想像できるとおりのクリーミーなお味で

ハサミのとこがどデカくて

singapore

美味かったよ!

ビーフンにもカニの味がしみてウマかったでございます。


日本で食べるのってボイルしただけのがほとんどだけど、こうして味付けしてスープで煮込んでって言うのは違っててどんどん食べられた~(^0^


しかしあれだったわ、カニなのに、特に食べやすく殻に切れ目が入れてあるとかじゃないのに

先のごんっと太い中華箸しか出て来なかったので、とっても食べにくかったでございます!

皆さんどうやって食べてるのかしら、と、後から来た隣の席のカップルを見たら、がっつり殻にしゃぶりついとりました・・・

日本人としてはしゃぶりつくのは気が引けるので、行かれる方にはカニ身ほじり器を持参されるのをおすすめしたい。

あっ、お値段は忘れたけど庶民価格だったよ~。

そんなワケで、メルベン・トアパヨ店の詳細は ⇒コチラに

テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

二週立て続けに同じバクテーレストランに行ってすっかりバクテーづいたわたくし、

行ってみたいレストランのリストに色々なスタイルのバクテーの店を書き込んでいたのを思い出し

用事でブギスに行ったついでに、アラブ人街の外れにあるバクテー屋に行ったのだった。

asia

こちら、Leong Kee (Klang) Bak Kut Teh と言う。

(Klang)ってのは、こちらのバクテーがクランスタイルだと言うことのよう。

Klangはマレーシアのクアラルンプールの近くの町の名前なんだって。

普通のバクテーと何が違うのか?

さっそく頼みましょう

asia

もう見るからになんだけど、他のバクテーと全然違う!

普通の店のバクテーは、スープが澄んだのか黒いのかの二種類なんだけど、ここのはやや茶色 Σ(-ε-


asia

お味は普通のバクテーに日本のカレーを混ぜたようなスープに、揚げ湯葉みたいなのとレタスちっくな野菜入り。

肉はスペアリブなんだけど、サイコロ角に切ってあるね。

スープはちょっと甘ったるいので、一緒に出されるにんにくと唐辛子を入れて自分好みのお味に調整するとウマー。


ちょっと変り種のバクテーでございました。

どっちかと聞かれれば普通のバクテーの方が好みではあるけど、これはこれでアリかな、と言う感じでございます。


バクテーには他にも福建スタイル、潮州スタイルなどあるんだけど、どう違うのかしら。試してみないとね~。

ローカルフードの食べ歩きはとにかくお金がかからないのが魅力!(^0^

わたくし、最近朝活やっております。

って言ってもジョギングとかじゃなくって、ただ普通に歩き回っております。

普通のウォーキングだと多分退屈してしまうので、わたくしはカフェなんかを目指して歩く計画でやっている。

飽きてはいけないので主に行った事ないカフェね。

雨後のたけのこ状態で新しいカフェのオープンするシンガポール、ネタはつきませんの。


そんなワケで前から気になっていたカフェ Strangers' Reunion へ。

「知らない人同士の再会」って面白い名前だよね。

場所は、オートラム・パークって、ビジネス街とチャイナタウンに程近いけどそんなに近いわけもはなく、どーーーんと国立病院が広大な敷地に構えている、普通の人は用事がまったくないエリア。

しかもこのカフェは駅からも近くないし、その広大な病院の裏手の幹線道路をはさんだ向かいみたいな辺鄙なとこにある。

なのにお昼時になると平日でも結構な人なんだよね!

その人気の秘密を探るべく、朝一でやってまいりました。

asia

アンビエンスは良くあるカフェ風。

ここが人気なのは、Singapore National Barista Championship の優勝者がやってるからみたいね。

確かに、コーヒーは酸味がききつつ酸っぱ過ぎずナイス。

最近のエスプレッソ界のトレンドは酸っぱい味って話だけど、わたくし酸っぱいコーヒーあんまり好きじゃないんだけど

ここのコーヒーは酸っぱさが繊細で心地良い。


そして注文しました All day breakfast は

トーストにスモークサーモンと半熟玉子が乗ったヤツがウマウマ(^o^)

asia

メニューには Florentine って載ってたんだけど、florentineってお菓子のことだよね?
なぞ。


・・・しかし、他のカフェ以上の素晴らしいことがあったかと言うと

居心地も悪くないし平均点以上ではあるけども

Wifiもないし

何と言っても立地がねー!

一回行ってみたらいいかなって感じ。

なんで人気なんだろう。

あれか、シンガポーリアンの(日本人もだけど)列ができてたら取りあえず並んでみる的な、人気だから来るのって感じなのかな(?-?

取りあえず便利な場所に二号店ができるのを期待。

ここ2,3年でボコボコ大きなショッピングモールが建ち、めちゃ便利になったシンガポール西部のジュロン・イースト、用事でしょっちゅう行くの。

新しいモールにはヨーロッパのハイストリートブランドもたくさん入り、都心部でさっさと売り切れちゃって買いそびれた服が見つかったりするし、便利なのよね~。

えっこら西に行く楽しみは他にもあります。

シンガポールだからね、やっぱり食べることですわね。

西に行くといつも食べちゃってたのが

singapore

asia

伊勢丹も入ってるモール、ウェストゲートのフードコートのベジタリアンカレー。

そこは安いフードコートだからね

ブリヤー二は作り置きあふれるふやふや感満載で

チャパティなんか食えたもんじゃないんだけど(^^;

カレーはどれも野菜がたっぷりで、味の奥行きが!!(・0・

シンガポールのインド料理って言ったら、昔からいるインド系住民のご先祖さんの出身地南インドのが多くって

カレーもバナナの葉っぱに乗って出て来るのとか

singapore


なんかよく分からんドーサイなるデカいクレープが出て来たりとか

singapore

そんなんなんだけど、こちらのストールには北インドランチってのがあってね

そいつを頼んだら


おおー、これこれ


って味だったんだな。

ロンドンでは住んでたところはインド・パンジャビ地方の人たちの多いエリアからほど近かったし、どちらかと言うと北インドの料理の方が馴染みがあったし

インド料理のことはそんなに知らないけど、やっぱスパイスの使い方とか違うっぽく、ストライクゾーンにハマった。

ここの北インドランチ、カレーはいつも種類が違うんだよね!

とにかくどれも野菜がふんだんに入ってるのがよろしいな。

写真奥の真ん中の黄色いのはデザート。

デザートも付いてるのか!

これも日によって微妙に違うけど、なんと!インドのスイーツなのに甘過ぎない!のが驚きだったりするけど。


・・・で、この北インドランチが気に入ってしまい他のものを食べる余地がなかったのであるが、

ある日

気が向いて、前から人に「あそこは美味しい」と教えてもらってて気になってた、同じフードコートのベトナム料理を食べてみた。

asia

asia

アラフォーのクセにメインはすべて揚げ物と言う挑戦的なメニューでございますが。

見た目に反して



おいしーーーーーい!!


さすがベトナム料理。
美味しいね!

味付けはヌクマムなんだろうなぁ~。

お味は上手く説明できないんだけど、美味しいです。

ヌクマムすごいな。

ひき肉団子みたいなのは、野菜と調味料とのハーモニーがたまらんです。

ちなみにお皿に乗ってる白いのは米麺です。

スイートチリソースに、つけて食べるのかな。

かけて食べたけど。

またえっこら西に行くのが楽しくなったな♪
コーヒーと言えばモカポットで淹れていたわたくしでございましたが・・・

ある日トビ氏がネスプレッソの機械を抱えて帰って来た・・・


でもそれネスプレッソの豆しか飲めないじゃーん!
私は色んな豆を楽しみたいのよ~!


しかしわたくし泣き寝入りはいたしません。

ネットで色々調べた結果、世間にはネスプレッソの機械に入る豆用の空き容器を売っている事を突き止めたっ。

しかしシンガポールで買えると言う情報はつかめず。
調べた時は日本にも売ってないみたいだったんで

そんな時のアマゾン様!

と、何でも売ってるイギリスのアマゾンを見たら、ありましたよん。

何種類か同じようなものがあったんだけど、ユーザーレビューの評価で CAPSUL’IN ってのを選んでみました。


asia


豆によって詰め方の加減さえ考えれば普通のエスプレッソ用の豆で美味しくいただけます!

これで Commonman Coffee でも Liberty Coffee でも何でも飲めるわよ~。

いえーい。

asia

淹れるのはボタンひとつだし

泡ミルクもボタンひとつだし

掃除はチョー簡単!

生活に楽しみがまたひとつ増えました♪


ちなみに今調べたら日本のアマゾンでも入手可能になっていました。




・・・シンガポールの場合はイギリスのアマゾンから取り寄せた方が安いけどね。
イギリスのアマゾンは送料安いし日本でもかも?です。

<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>