海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人の夫と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

 ふと思い出した話。

 去年日本に行った時、二人のお気に入りの焼肉屋「トラジ」に行ったんです。
 西麻布の、前に住んでたマンションの近くでよく行ってた店に、

 2回。

 ええ、好きなんです~。

 ロンドンにはね、日本式の焼肉屋ってないんですよー。
 パリにはあるらしく、しかも美味しいらしいんですけどねー

 ロンドンにあるのは韓国料理屋で、美味しいところは滅茶苦茶高くてお肉はちょっぴりで、しかもお店の人が焼いてくれるんです。
 食べてるそばで他人が立っててお肉を焼いてお皿に乗せてくれるって…何か慣れないので落ち着きません(^^;

 で、ひゃっほーーー!!日本の焼肉だぁ~!

 って食べてましたら、見覚えのある店員さんがドリンクのおかわりを持って来た時、ポソッと

 「すごい大きくなっててびっくりした」

 って、ベビ子の方を見ながら言ったんです。

 あっ、この人、いつも来てた私たちの事を覚えていてくれてたんですね。

 入れ替わりの激しい麻布・六本木界隈、親戚なども住んでいないそこでは、離れてから一年も経って戻って見れば、私たちがそこにいた事を知っている人なんて誰もいないんだ、いくら私たちが懐かしんだって…と思っていたのに、私たちの事を覚えていてくれた人がいたなんて!って驚きですよ。

 
 で、数日後、二回目の来店時に再びむさぼる様に焼肉を食べていると、若い女の店員さんがベビ子をあやしてくれながら

 「ウチの店長がね、前に来られた時に『オレはあの子が生まれた時から知ってるんだ』っていばってたんです~。」

 と。

 そうですか、そうですか…

 店長さんだったんですね。
 シャイな人なんですかね、ちゃんと話をした事はなくて、その前の来店時も一言ボソッと言っただけでしたしね。

 その日は店長さんお休みの様だったので、その若い店員さんに

 「あのね、前この辺に住んでてここによく来てたんですけど、海外に引っ越してしまったんです。
 今一時帰国中で来たんですよ。」

 と言って

 本当は

 「また日本に来たらここに来るから、私たちの事を覚えていてね、って店長さんに伝えてください」

 って付け加えたかったけど恥ずかしいのでやめときました。

 最初は不便だとか物価が高いとかブーブーだったけど、日本が初めてのガイジンと田舎もんとで一緒に暮らした街、ベビ子を妊娠、出産、子育てした街でとっても思いで深く愛着があるんです。


 …何でそんな話を思い出したかと言うと、
 明日のご飯何にしようかなー。
 ナスでも揚げようかなー
 あー、ナスを素揚げにしてトラジのドレッシング掛けただけでちょっとした一品になってたんだよなー
 ってとこでなんですけどね。
 トラジのドレッシング、美味しいですよ。


banner
クリックしていただけるとうれしいです↑
関連記事

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

// ホーム //