海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

南イタリアはプーリアの旅話のつづき~


我々、アルベロベッロを出まして、拠点をレッチェに移します。

・・・プーリアと言えば、アルベロベッロに次いで有名なのが洞窟住居のマテーラなんだけども

今回はマテーラは行きません・・・

前回プーリアに来た時はトビ氏のステップ父からの相当なストレスによりお腹が暴走機関車と言う不可抗力で行けなかったのだけど

今回は自分の意思で。

マテーラの洞窟住居は、昔その辺りが大変に貧しく、家が建てられずそこしか住む事ができなかった人々が窓もなく湿っぽいそこに暮らしてたと

しかも60年代くらいまで住んでる人がいたと

・・・なんか辛くってさー。
年取ると共感性高まって人の苦労も身に沁みるのよね。


そんなワケで中世の町並みを残すレッチェ、まずは旧市街に予約したB&Bにチェックインいたしましょう。

europe

おー

築何百年かしらと言う古い建物の中でシニョーラがやってる小さなお宿でございます。

europe



イタリアのマダムがやってるだけあって

europe

europe

europe

家具は決して高いものではないのだけど、建物自体だけでなく、中も雰囲気満点!!


旧市街と言う立地、窓から見える景色も

europe

europe

europe
観光用の何かが走って来た。


朝も

europe

・・・ってか、この窓なんだけど

見渡して見るとこの辺り、建物は古いんだけど普通、窓枠だけは新調して密閉性の良いものにして、しかも内側に雨戸的なの付けてるとこがほとんどなんだけど、こちらのお宿だけ窓枠が昔ながらの隙間だらけの木製!

これが

この宿の辺り、ウチらレッチェの代官山って言ってたんだけど、瀟洒でおサレな雰囲気なんだけど、バーがいくつもあるのよね!

ここいらのバーって扉は開け放して、客も建物の外で



わいわいと騒ぎながら



飲むのよ!

夜中まで!!


すき間だらけの木製窓枠のウチらのお宿



うるさいったら!(-”-


なんて事もございましたが、


歴史を感じさせるロマンチックなお宿

europe

つい女優ポーズも出てしまうわ・・・



安いお金で素敵体験のできるお宿は

B&B Casa Li Santi
http://www.casalisanti.it/

Booking.com で予約可よ。
関連記事

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

// ホーム //