海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人の夫と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

アルベロベッロでございますが、妖精の棲家の様なお家、トゥルッリの立ち並ぶエリアは二ヶ所ございますの。

観光客が行くのは主にモンティ地区で、こちらはトゥルッリの多くは土産物屋に改装されている。

近年アルベロベッロも日本で知られるようになって来たみたいで

europe

日本語の看板も結構見られた。

この辺りの土産屋は結構必死で客引きしてくるとこが多いです。
ショバ代かかるのかな?


モンティ地区に行った翌日は、もう一方のアイア・ピッコロ地区へ。
モンティ地区のすぐ隣なんだけど、こちらには土産物屋はまったくなく、人々はトゥルッリで普通に生活をしている。

europe

南欧!!!って感じの明るい太陽と青い空!


europe

記念撮影もすがすがしいよ~♪


観光客だらけ、土産物屋だらけのモンティ地区と違って、こちらはとても静かで

europe

トゥルッリもとってもフォトジェニック。


europe


europe

道を歩いてると、妖精の棲家の様なお家から、でっかい声で子供を叱るだみ声ががんがん聞こえて来たり、トゥルッリはほんとに人の暮らすお家なんだなーって感じ。


こちらの地区には、トゥルッロの内部を展示したお家があって

europe

ドイツ人観光客の集団がおりました。

パッケージツアーでもさすが探究心の塊ドイツ人、きっちりアイア・ピッコロ地区にも来るんだな~。

europe


europe


europe

あっ、これは前日行ったモンティ地区のトゥルッロのピザ屋の天井。

アイア・ピッコラ地区に展示してあるトゥルッロは天袋が作ってあるね。

大きさも色々だし、古い建物だから中は思い思いに改装してあるのかな。

アルベロベッロに宿泊したお陰でゆっくり色々見れて良かったで~す。


関連記事

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

// ホーム //