海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人の夫と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

 2003年7月18日 

 私が旅した中で、いや、それまでの人生で見た中で一番きれいだった星空はオーストラリアのケアンズからアンダラへ向かう途中で見た時のものだった。


 その日、ケアンズの英語学校の寮で知り合った女性7人で、泊りがけでアウトバック(砂漠地帯)の入り口にあるアンダラと言うところへ行こうと、レンタカーのバンを走らせていた。

 午後4時くらいだったと思うけど、前の方の席の雰囲気がなんかおかしい・・・?と思っていたら、どうやら道が違う?言う事に気付いたようで、途中の小さな町で止まっる事にした。

 その町の観光案内所で聞いてみると、車はアンダラへ向かう道を大きく数百キロ Σ( ̄д ̄;)は外れてしまったらしい。

 途中右折すべきところで右折せず、そのまま真っ直ぐ進んでしまった様だ。

route to undala

 観光案内所のおばちゃん二人は

 「今からアンダラに向かうなんて危ないわ。今日はこの辺りに止まりなさい」(( °ロ°))((°ロ° ))

と言う。

 しかし皆のアンダラ行きの決心は固く、その町から折り返すかたちでアンダラへ向かったのだった・・・

 その辺りの事を良く知っているおばちゃんの言う事も聞かずに。

 そう、これがとんでもなく無謀な挑戦である事も知らずに・・・。




 どうなる?大和撫子?  続きは →コチラ

関連記事
// ホーム //