海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

 エジプト旅行に行ったのは去年の暮れ。

 昨日、こんなニュースが

 カイロで爆発、仏観光客1人死亡 爆弾テロか

 詳しい内容


 

 さらに、イギリスBBCニュースのサイトの映像で爆発現場を見ますと、


 まさに!


 我々が


 ご飯を食べたレストランのところ!!!Σ(-□-


 映像冒頭の画面左端にはずらっと観光客向けレストランが並んでいまして、その一番手前のレストランの、一番手前の角の席に座ってたんです。
 爆弾落下地点と背中合わせじゃないですかーーーっ


 げげーーーーっ


 あの、帰りに勝手にガイドとガイド料でモメたモスクのすぐ近くで、腹立ち紛れに「ここでメシを食うっ!!」ってどっかと座ったのがそこだったんですー。




 …まぁ、旅行に行くって事はテロの可能性と隣り合わせな訳なんですけどね。

 インドに行った時も、そのちょっと前にデリーでテロがあったとこだったし…

 エジプトでもですね、我々も行ったカイロの考古学博物館前でも、ハトシェプスト女王葬祭殿の前でも過去に爆弾テロがありましたしねー。
 ハトプシェプスト…の場合は、覚えておられる方もいらっしゃるでしょうか、日本人も10名の方が亡くなられたんですよね(97年 ルクソール事件)。

 つーか、住んでた東京だって、今住んでるロンドンだってテロに遭ってる訳ですから、今や世界中テロだらけなんですよねーーー


 なんってこったー!



 カイロで泊まっていた五つ星ホテル。

 中には本や土産物などを売るショップも入っています。

 その店頭の写真
egypt

 えっと・・・ちょっと拡大して見ましょうか

egypt

 分かりますでしょうか


 えっ?!(--


 なものを売っているのが。

 えっと・・・
egypt
 ば、ばーばり?ぐっち??

egypt
 高級ブランドにしては随分ぞんざいな扱い。
 
egypt
 どるがば???ふぇんでぃーーーー????

 ・・・

 ・・・

 いやいや、こ、こんなダサいデザインないだろーーー。
 

 これは・・・

 偽ブランドですね?


 しかしここ、五つ星ホテルの売店ですよ?!

 いいのか?(@0@;


 ローカルホテルだしかなーーー

 とか思ってたら、ありました

 ルクソールのシェラトンにもΣ(--


 ええーっ、シェラトンですよね?!


 まぁシェラトンのは、ホテルの建物内ではなく、敷地内のショッピングモールでしたが・・・しかし「シェラトンショッピングモール」って名前付いてましたよ。

 
 どうやらアフリカの某国には偽ブランド販売シンジケートがあるらしいです。

 イタリアのローマの観光地などで偽ブランド品を路上で売ってるのをたくさん見かけますが、そう言うのはそのシンジケートによって販売されているんですって。

 アフリカなんでエジプトでもその偽ブランドが売っててもおかしくないですが

 しかし有名ホテルでもって

 ・・・
 
 笑っちゃうね(-m-


 買う人いるのかな。



 次はルクソール神殿です。

luxor

 そうこうしてる内に夕方になりました。

luxor

 どーーーんと像が待ち構えてます。

 ルクソールでは、座ってる像は王様らしい。

 これはラムセス2世ですって。
 
luxor

 ここも柱がたくさんですよ。


luxor

 えっとこれは誰だっけな雫

 取りあえず座ってるから王様です。

 暗くなってライトアップされた遺跡もいいですね。


luxor

 だだーーん。

 大きな立像が並んでます。

 迫力ですね!

 立ってる像はどれも両手を握りこぶしにして片足を前に出してますが、王様への忠誠を示すポーズなんだそうです。


 いやー、エジプトの遺跡、良かったですよ!!



 神殿の帰りに巨大座像に寄りました。

 luxor

 メムノンの巨像と言うんだそうです。

 これもでーーーっかいです。
 
 エジプトの人っておっきいのが好きだったのねぇ。


 ところで、子連れでエジプトの遺跡を見に行くと…

luxor

 足元は大変な事になります(・0・;

 エジプトの砂はサラサラですからね〜。


 その後、ホテルに戻ってお昼休憩2時間をはさんで別の神殿へ。

 12月のエジプトは日本の春の暖かい日くらいの天気でとても良い気候だったのだけど、夏は50度越すらしいですからね、お昼は休むと言う習慣みたいです。

 ほんと、冬の気候は良かったですよっ!夏は体調崩す人続出らしいですからね、エジプトは冬に行くものだと思います。

 そしてカルナック神殿へ。

luxor

 おおー、これもデカいっすね!!


 入り口には羊の頭を持つスフィンクスがずらーーーっと。

luxor


 中にはたくさんの石柱!

luxor

 石柱の下に立ってみました。

luxor

 石柱の大きさがお分かりになりますでしょうかΣ(-□-


 なんとね、この神殿、元は屋根がついてたらしいんです。

 建った当時はすごかったでしょうねぇ〜。

 ちなみに、元は柱は彩色されていたんだそうです。

 柱のてっぺんにところどころ残っている天井付近にはまだ色の残ったレリーフも見られます。

 写真にはうまく写らなかったので載せないですが(^^;

 エジプト文明って言われて想像する神殿ってなんか砂色っぽいですが、本当はカラフルだったんですね〜。


luxor

 エジプトの遺跡には古代の文字がたくさん書かれてる事が多いんですけど、当時は当然手作業だったと思うんですが、どれも文字の大きさは画一で、形も一つ一つ揃っていて、まるで印刷したみたいにきれいなんです〜!

 几帳面な人たちだったのですね。




 ルクソールの遺跡はこんなものでは終わらない。
 つづきは ⇒コチラ



 王家の谷を出て、ガイドが

 「次はファクトリーに寄ります」

 と言う。

 古代の工場跡?

 と思っていると、カイロにおいて「ミュージアム」「バザール」が土産物屋であった様に、ルクソールにおいては「ファクトリー」が土産物屋であるらしい事に着いてから気付いた。

 ルクソールの人は余計な愛想は振らないけど優しいので、車が着いたのを見付けて出て来たファクトリーのおじさんに

 「寄りません」

 と断っても、チッと言う表情など見せず

 「Are you from Japan? コンニチハ。アリガトウ」

 と微笑みながら丁寧に頭を下げて挨拶をされ、

 いやいや、どうもどうも、

 と、こちらも頭を下げて挨拶し、去るのだった。


 そんな訳で次にやって来たのはハトシェプスト女王葬祭殿。

luxor


 えっ?


 あれ?! 


luxor
 
 これ・・・???


 写真で伝わりますでしょうか、デカいんですよ!

 それで、遠目には大きく破損した部分がないのでおそらく建てられた時と同じ様な状態に見えると思うんですけど、これ、紀元前15世紀頃?の建物ですよっ

 ほおおー


 一階部分

luxor

 ルクソールの遺跡はナイルの洪水かギリシャ人に寄って破壊されたものが多いです。

 この部分もどっちかによってこうなったみたいです。

 一階でも屋根のある部分のレリーフなんかは割と保存状態いいです。


 二階から見下ろす。

luxor

 どう言う風な行事が行われていたのかは知りませんが、ここから見下ろしたら王様は自分の権力を噛み締めたでしょうねぇ〜。

luxor

 二階の像は割と保存状態がいいです。

 それで、ここは修学旅行のメッカなのでしょうか、それともひとつの学校からたくさんの生徒が来てたのでしょうか、次から次へと子供たちの集団が入れ替わり立ち代り来るんです。

 こんな感じの一団がどんどん。

luxor 

 それで、ロンドンでもベビ子を連れてるとあやしてくれたりして、中東の人は子供好きだなーって感じるんですけど、ここでベビ子超人気アイドル並みの大人気(@0@;

 次から次へと


 きゃー


 抱っこをさせてーー


 キスをさせてーーー


 写真を撮らせてーーーー



 と子供たちに囲まれます。

luxor

luxor

luxor
 14,5才くらいだと思うんですけどおしゃれですね。
 左の子とかVOGUEに出て来そう。



 子供たちだけでなくおじさんにも

luxor

 どうしようかしら、ってほど人見知りなトド子だけど、こんなとこで暮らしたら人見知りなんてぶっ飛びそう~。




 ルクソールの遺跡、まだあります。
 つづきは ⇒コチラ

// ホーム // 次のページ >>