海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

 何が来たかって、ロンドンから送った引越しの荷物よ。

 フランクフルト⇒東京、 東京⇒ロンドン は会社の手配した引越し会社で、船便荷物も即発送、目的国到着後は新住居が決まるまでは倉庫保管していてくれたんだけど・・・

 今回、初自分手配で安い会社を使ったら、予想外に新住居が決まってから船便発送ってシステムだったんで、今頃家に来たのよ~。


 引越しする人たちがよく言うのが


 新しい家に荷物が入り切るか心配で~


 ですが、

 我が家に限っては



 783640!!(なやみむよう)



 だってウチの引越しの荷物
london
 こんだけだもん。


 9箱!


 まぁ、あたくしも普通の人生送ってたら荷物もりもりだったかも知れないけどさ~
 2003年に仕事も辞めてアパートも引き払って旅に出た時、置いとくとこがなかったからさ、持ち物をさ、処分したのよね、あらかた。
 スーパーでもらって来た鳥取名産20世紀梨の小さいダンボールに5箱残してね。

 その時はどうしようもない事情があったワケなんだけども、

 でも考えたらさー、いらないのよ、モノなんて、ほんとに気に入ったもの意外は。

 あったからって何になる?


 つか、


 この際ぱーっと買い換えるかーーー!!


 って気分もあったからなんだけどさ ( ̄m ̄*)


 しかし、9箱って一家で9箱なんだけど、その内トビ氏の分って3箱よ!

 似たもの夫婦・・・って言うか、上には上がいると思ったわ!!

 トビ氏の分は90%本だから、電子書籍がもっと一般化したら引越し荷物がなくなるのよー!あの人!!(O.O;)



 それにしても、厳選された持ち物な分、 


 会っえっなーい時間が~♪

 愛~育てるのさぁ~♪



 ってな感じで、自分のモノとの久し振りの対面、なんかニヤニヤしちゃったわ~(^ム^)
 ふふ、数が少ない分、愛も凝縮されるわね。



 ・・・だけども、ばっさばっさと処分して、シンガポールに着いてみてから


 あれ?あれはあった方が良かったのか・・・?(- .-)ヾ


 ってものもない訳ではなかったが(^^;

 でも、ほとんどのものは途上国支援のチャリティーショップ(売ってる商品が寄付された不要品のリサイクルショップ)のOXFAMに持って行ったからねー。

 わたしが行ったあの国やあの国の人たちの生活が良くなるためになったのかも、と思えば本望だわね。

 チャリティーショップがあるのはイギリスのいいとこだったわね。

 AX

 それで、帰ってからゆっくり話して、何が原因かはやっぱり分からないけど、いいマンションだったし、大家さんは前の様に数日待って希望者を集めて、その中から良さそうな人を選ぶだろうし、取りあえずチェリーさんにはゴールダースグリーンのマンションに入りたいとお願いしよう、となりました。

 その日は晩8時過ぎていたし、翌日朝一でチェリーさんに電話します。

 チェリーさんは大家さんに話しをしてくれるとの事。
 返事を待ちます。
 OKの返事が来たら即手付金を払いに行く覚悟で。

 午後になってチェリーさんから電話が!

 …あそこはチェリーさんの同僚が担当するお客さんに決まってしまった

 と…。

 そうですか。

 タイミングが悪かったなー。
 よりによって、空きが出たその日に他のマンションを見に行っていたとはしょんぼり

 じゃあ、西の果ての町のマンションで話を進めますか…
 取りあえずトビちゃんが仕事の後で見に行く事にしよう。

 と、言う事になったその時、電話が。

 日系不動産屋、Lのおじさんです。

 ゴールダースグリーンでいい物件がありますよ。

 と。
 話を聞くと、そこは我々の探している2ベッドルームじゃなくて1ベッドルームだし、断ります。
 で、

 そう言えばあそこのマンション、契約が取り消しになったらしいですね。

 と言うと、おじさんは

 え…?
 ………
 えーっと、でももうあそこはウチのお客さんが契約をしてしまいましたから、無理ですよ。



 はぁぁぁぁぁぁーーーーー?????

 おっさん、おっさん、

 営業妨害かーーーーっ!!

 おっさんはJに客を取られるのが嫌で「あそこは問題があって借りられない」とか「もう契約された」とか口からでたらめを言ってるんですねー。

 おめーのせいで即断できるもんができなかったじゃないかーーーーっ

 Jさん、Lが営業妨害してますよーーーーっ

 お前はチェリンかーっ

cheling

 ああ、ひょっとしたら私たちは3年後に入居できるのかもしれないですねー。
 (『冬のソナタ』を見ていない人には分からない例えですいません)

 それにしてもほんと、迷惑な人がいるもんですねっ
 同じ海外にいる日本人だからって信用できないですねー失敗

 そんな訳で、西の果てのあのマンションで話を進めます…。


 AX

 取りあえず、何度も電話をくれているので、チェリーさんに電話します。

 すると、あの部屋が契約取り消しになった事、そして、彼女の同僚が担当するお客さんもその部屋にきっと申し込みをするであろう事を話してくれました。

 それは急ぎですねーーーー!

 じゃあ夫と相談してまた電話します。

 と一旦電話を切り、トビちゃんに連絡。

 事情を話し、早く返事をした方が良さそうだ、と言います。

 トビちゃんは、

 だけど、何で契約が取り消しになったんだ?
 それが知りたいよ。


 そうなんですよねー。
 
 私もそう思ったから、出先からのトビちゃんとの電話で即答できなかったんです。

 だって、他の日系不動産屋のLのおじさんが

 あそこは今の入居者とのトラブルで誰も借りる事ができないはずだ

 って言ってたじゃないか!

 なのにチェリーさんは普通に紹介してくれる…
 そしてなぞの契約取り消し。

 何かあの部屋には問題でもあるの!?

 さっきの電話でチェリーさんに「なぜ契約が取り消しになったの?」と聞いたんですよ。
 でもチェリーさんは「分からないわ。」とだけ。

 トビちゃんは仕事中だし、やっぱり帰ってから相談しよう、と。


AX

 思い出した様に書かれる引越しレポート。
 ここまでのいきさつはこちらの「海外引越しレポート」→「部屋探し」でございます。

 
 …そんな訳でやっと納得の部屋が見つかりました。
 以前の経験で、ロンドンでの部屋探しはスピード勝負と言う教訓を得ていますので、いいとこがあったら週末を待たずにトビちゃんは会社の帰りに見に来る、と言う段取りを決めています。
 早速会社にいるトビちゃんに、不動産屋の担当エマの携帯から連絡です。

 あのさー、いいとこあったんだよ!
 不動産屋にアポとろうよ。いつ見に来れそう?


 すると、思いも掛けない返事が…

 さっきチェリーから電話があったんだよ。

 チェリー…それは、前に部屋を探していたゴールダースグリーンの不動産屋の担当のチェリーさんです。

 一番最初に見たあの部屋、契約がキャンセルになったからどうかって言うんだけど、どうする?

 ええっ!?

 あの、一番最初に見た完璧な部屋が?
 入居しようと思って申し込んだら時すでに遅く、他の人に決まってしまったと言うあの部屋が!?

 これって、これって…

 韓流ドラマみたいな展開じゃないの〜〜〜!!

 初恋の人…格好も性格も良く、でもお高くとまらず、あんなに燃え上がったあの人…
yon
 なのに私の一時の気の迷いのせいで他の女と婚約してしまったあの人が…

 やっとあの人との思い出を忘れて新しい恋人に出会った、その時に
hyok

 婚約を解消して僕今、フリーなんだ。

と目の前に現れた…


 みたいなもんじゃないですかーーーーー!!!
 (写真は例え話と一切関係ありません。)

 ええーっ。

 しかし、今は新しく見つけた恋人…じゃなくてフラットの話をしているのです。

 一番最初に見たところの事は後からでもいいじゃない。
 ここをいつ見に来れるの?

 トビちゃんは明日来れると言うので、その旨エマに伝えてサービスアパートメントに帰ります。

 電話を見ると、チェリーさんからの着信が13件もびっくり
 いつもチェリーさんは連絡はサービスアパートメントの電話にくれていたのですが、早く連絡を取りたいのに何度掛けても出ないので、最終手段でトビちゃんの会社に電話をしたのですね。

 これはチョーーー急ぎで返事をしなければいけないのだと言う切迫した感じがしますね!!


 そんな訳で、不動産屋へ。

 出て来たのは「女の子」って感じの、20代前半の若くて小柄な女性。
 去年までchavやってたんじゃない〜?って感じが漂ってます。
 ああ、「いかにも」不動産屋にいそうなタイプ。
 苦手よ〜。
 まぁこっちは客なんで、意地悪はされないと思うけど。

 条件などを話すと、

 「いい物件があるわ」

 と。
 資料を見せてもらうとなかなか良さ気。

 「でも私今からアポイントメントがあるから、4時15分にまた来てもらえるかしら」
 
 いいですよ。
 飛込みで来たんだし。

 と言う訳で待ちます。

 実はNの前に行ったJでもこうして1時間を一回+30分を一回待ったんですよ。
 ゴールダースグリーンでもこう言う事が何度かありました…

 …時計がないんで大変なんだけど雫

 時計も、まだ携帯も持ってないんで時間が分からないのに待ち合わせって辛いです。
 
 腕時計は、東京からはして来てたんですよ!

 ところが、ロンドンでの一泊目のホテルに着いてふと見たら

 動いてなかったんですびっくり

 普通のメーカーの時計じゃなくて、ここで買った、デザイナーズ時計って言うか、職人の手作り時計だったんです。
 
 ちょっと他にないデザインでかわいいな、と思って買ったんですけどねー
 
 3ヶ月しか使ってないのに壊れた!!

 まぁ、最初から長持ちする事は期待してなかったですけど…

 ついでに言うと、使い勝手も悪かった…

 高級時計じゃなかったしまぁいいか…と言う事にしましたけどね。

 一応お店には問い合わせのメールを出したけど、返事はありませんでしたしょんぼり

 まぁ、こう言うお店の商品は手作りの希少価値と言うか、デザイン性と言うかが売りですからね。
 普通では手に入らないものが買えるかわりに機能性、耐用性は期待するもんじゃないですもんね。
 時計がわずか3ヶ月で死亡、には驚いたけど。

 と言う訳で、非難してんだかお勧めしてんだか分かんないですが、このお店、かわいいものがある事はありますよ。
 時計は今度から普通のメーカーのを買うと思うけど…

 そんな訳で、ベビ連れの上に、片道一時間・苦難の地下鉄の旅に加え、時間が分からないと言う、何だかもうそんな状況だった訳ですよ。

 よくキレずに頑張ってたなー。

 そうして見せてもらった物件…

 新築マンションです。
 おおー、モダン。日本の新築マンションの様ではないですか。

 お値段も予算通り。
 いいねぇ!


// ホーム // 次のページ >>