海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

日本のガイドブックに載ってるロンドン近郊の昔の邸宅的な見所と言えばハンプトンコートパレスくらいだけど今回ロンドン北に住む友人が連れて行ってくれた Hatfield House は、かすかすのハンプトンコートパレスなんかより全然良かった!


ロンドンからナショナルレイルで北上すること数十分で景色は穏やかに。

london

こう言う英国風景も見たかったんだよね~。
いい場所教えてくれてありがとう、友達。


ハットフィールドハウスがあるのはハートフォードシャーってとこになるんだけども、なんでもこちら伯爵家の邸宅だったそうで

大きく立派な建物群と

japan

大きくない古〜い建物

japan

があって、

古いのは元々王家の持ち物で、そこに幼少期のエリザベス一世が住んだりしてたんだけど、次代のジェームズ一世がセシル伯爵と土地建物を交換しちゃったんだって。
ほんとは王家所有だった頃の古い建物は何軒もあったんだけど、取り壊されてしまって今は一軒だけ残ってるんだそう。

見どころはセシル家の建てた方で、1989年のバットマンとバットマンリターンズの撮影にも使われたと。
あとティルダ・スウィンドンのオーランドって映画にも。ほー、見ましたやん!面白くはなかったけども。


取りあえずまずは古い方をちらりと

ほんと古そうでしょ。

london

こちらはほんとに見どころはありませんが、ちらほら中世を感じるところもあり・・・

london

japan

って感じかな・・・?

歴史の好きな人は、王家の持ち物だったってことで響くものがあるかもね。


そして

london

英国式迷路の庭園をはさんだ向かい側のセシル家の建てた方へ行ってみましょう

london


london


london

城とか宮殿とか、王家となると天上人過ぎて、へー、って感じだけど、たくさんかかってる人物画とか格調高い調度品とか、伯爵ってこんな暮らししてたのか~って興味深かったわ。


ゆかりの地とあってエリザベス女王の肖像画も

london

それぞれの部屋にガイドがいて望めば説明してくれるんだけど、これが皆さん紳士淑女、アッパークラスの出でいらっしゃるんでしょうね~って感じでございましたわ~。


それにしても、個人の家だってのに、家ん中に

図書室

london

チャペル

london

london

展示するほどの甲冑・武器のコレクション

london

なんてのがあるのもΣ(-。-;


そして台所はやっぱりデカいでございます。

london

あれね、ドラマのダウントン・アビーみたいな世界が繰り広げられてたんでしょうね。
いやまあ現実はあそこまで「そんなアホな」って話じゃなかったろうけど。


そしてキャンティーンがおサレで

london

ご飯も美味しかった。

london

あっ、ロンドンの味がする!って思ったんだけど、ロンドンの味って何だろね。
でもあるんだよね、ロンドンの味。
オリーブオイルと何か・・・でもイタリアンと違う。
ちなみにメルボルンの味ってのもあると思う。何だと聞かれたら答えに困るんだけど。


なぜか併設の雑貨屋さんもとっても可愛かった!

london

子供のものが多かったけど
ボタンやリボンも充実

london


そんなワケで、ロンドンに行ったら是非どうぞな場所でございました。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

夏の欧州旅行の話はブログに残しておこうと思いまーす。
そんなワケでロンドンの話から・・・

トビ氏の提案でロンドンはソーホーのレストランに行ったワケですが・・・

4年振りに行ったらソーホーがどえらいことに!

おサレなレストランやカフェやバーが林立!

やっぱ大都会は変化が激しいなー。

我々、リーマンショックの大激震の余韻の中ロンドン脱出、その後オリンピックもあったり、色々あったしね、ロンドン。


そんなソーホーのこちら

london

Cevicheと言う。

セビーチェの波は日本にも届いているのだろうか。

セビーチェとは南米の生の魚介類のマリネなんだけど、ここ数年ちょっといいレストランなんかのメニューによく出て来るようになった料理。

トビ氏によるとここがそのセビーチェを世に広めたペルー料理のレストランであるそう。

確かに、店の歴史ってのをHPで見ると今どき。

まったく知られぬペルー料理を世に知らしめたいと思った男がツイッターを使ってセビーチェの名を世に広めようと画策。
臨時の店舗を開いたりしながらフードブロガーの注目も集め、ついにスポンサーを見つけて店を開いたと。


そんなワケで食べたものの写真を・・・

まず、味が思い出せない二品!!

london

london

何しろペルー料理って食べつけてないじゃない?

作ったこともないし、どうやって味付けされてんのかも分からず、目かくしで食べてるようなもんでさぁ~。

なのでこれらの味の解説が上手くできませぬ(^^;

HPでメニューを見てもどれだったのかすら思い出せないと言う(^^;

美味しかったんだけど~

美味しかったことしか思い出せない。


キッ子の飲み物も思い出せない

london

なんかペルーっぽいものを頼んだ気がするんだけど・・・

何だったんだろう・・・(^^;


これは覚えてる!

サケのセビーチェ。

london

セビーチェと聞いてわたくしなんかが想像してたのはこんな感じ。

と言っても、名前も「Sakura Maru」って日本風、かかってるソースは、みかん、みりん、醤油、そして Limo Chile と言うペルーのスーパー辛い唐辛子で味付けしたと言う和風セビーチェ。
唐辛子入ってるって言うけど、全然辛くなかったわ。

ってか、刺身ってこう言う食べ方もあるのね~、って、かんきつ類を料理に多用する四国の人は普通にこうやって食べたりして?って気もしないでもないけど、絶対日本人は好きだと思う味。


そしてこれはマテ貝のセビーチェ!

london

マテ貝って素材を生かした、要はそのまま酒蒸しとかが多いんで、こんなかたちはうれしい予想外!

味付けはシンプルなんだけど、他の素材とのハーモニーが素晴らすぃ~♪
美味しかったわ~!!

トビ氏はシンガポールでセビーチェを食べたことがあって、何だかいまいちだったって言ってたけど、シンガポールは新鮮な魚介類が手に入りにくいだろうからね~。こう言う料理は素材だもんね。
ロンドンには魚市場もあるし。旅行に来た甲斐があったってもんだね。


これは、付けあわせがこんもり乗っかってて見えないけど、ビーフの煮込み。

london

味付けはシンプルで、食べたことあるような普通に美味しい味だったわ。

写真にはないけど、わたくし日本人、米がないとどうにも腹がおさまりませんので、ピラフ的なものも頼みましたわ。
そちらも美味しかったです。


そしてまた味の思い出せないのがデザート!

これはわたくしのキヌアプディング。

london

キヌアって、粟とかひえみたいな穀物ね。

それにパイナップル、紫とうもろこし、ピスコって言うぶどうの蒸留酒のシロップが入ってるみたい。

聞いても味の想像がつかないでしょ?
甘過ぎず美味しかったんだけど、うーん、はっきりと味が思い出せない。

なんとなく、前に飲んだブラジルのドリンク(過去記事コチラ)寄りの味だった気がするんだけど・・・

ちなみに上に乗っかってるのは食用ほおずき。

ロンドンのスーパーってほおずき売ってんのよね。

まあまあ美味しいんだけど、日本人的にほおずきを口に入れるってのに何だか抵抗があって買わなかったな~。


トビ氏のデザートも

london

甘過ぎず美味しかったのは覚えてるんだけど、味は思い出せない・・・


しかし、味の思い出せないものが多くても満足満足のレストランでございました♪

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

 先日しました、ロンドンは人が多いって話のつづき。

 日本人のイメージにないんだけど実はニューヨークに住んでた人もびっくりの人種のるつぼ!!のロンドン。
 
 各人種がわんさか集まる姿もよく見られたもんだ~


 これは、ハイドパークで開かれた、スウェーデン人が一年でもっとも盛り上がると言う「ミッドサマー(夏至)」を祝う集まり。(過去記事コチラ)
london
 フォークダンスに興じる白い人々。

 しかしこうやって見るとスウェーデン人はやっぱでかいなっ!!

 

 これは市民ホールでやってたアフリカ人の結婚式。(過去記事コチラ)
P7183561.jpg
 


 家の近所がインドになったこともあったなぁ・・

london

 衝撃の過去記事は⇒コチラ



 アフリカ人の生歌が美しいと知ったのは

london

 ジンバブエ大使館の前で、選挙の後に、デタラメな独裁者みたいな大統領が再選されたのに抗議するデモをやっていたのに通りすがった時。

 輪になって歌ってジャンプしておられました。


 そう、ロンドンでは色々な人たちが集まってデモなどの活動をするのも頻繁に見られるのです。


 「Don't Kill Tamil」と言うサインを掲げた人たち。
london

 民族対立で武装闘争の耐えなかったスリランカの、タミル人側の抗議デモ。
 これは停戦前の写真ね。

 スリランカのタミル人だけなのか、インドのタミル人も加わってたのか分かんないけど、このデモってものすごい長い行列で、ロンドンにタミル人ってこんなにいるの?!って仰天したわー。
 

 ひとことに「人種」って言っても色んな人たちがいるワケで・・・


 こちらは

london

 ゲイのデモ。

 イタリア大使館前だったんだけど

 あれ、カトリックの総本山バチカン大使館の前でなく? 

 とナゾだった。


 
 そして本家イギリス人だってデモることだってあるのさ

london

 フーリガンの集まり。

 何が不満で集まってんのか分かんないけど、フーリガンと同じくらいの数の警官が囲っております。

 しかし何であれ?ロンドンでは集会の自由は認められている模様。



 とりとめもなく写真をあげてみましたが、超国際大都市ロンドンならではの風景と言えましょう ~○
 ブログ用の写真ストックフォルダに残ってたの放出日。

 タイトルのとおりですが、ロンドンって人が多かったなーって写真あれこれ。


 バーゲンなんて朝一でこんなんでしょー!(過去記事はコチラ
london


 
 マーケットも、有名なのになると、観光客も押し寄せるし、大変な人出よおおおお

 このブログに時々出て来た美食パラダイス Borough Market も土曜ともなると

 こんな!
london

 買い物どころじゃないよ~!!

 バラマーケット、木曜・金曜もやってるんで、主婦はゆったり買い物できたんで良かったけど(^^;

 うーん、今見てもウマそうだ!!あれを超すマーケットはない。
 Borough Market についての過去記事はコチラコチラ



 30年前のカルチャー発信地、カムデンロック。
london

 今も人気は健在のようで、安い服とか食べ物のストールとかの出るカムデンのマーケットは毎週末祭のように人だらけ。



 20年前のカルチャー発信地、コヴェントガーデン。
london

 ガイドブックにも載ってる昨今では観光客も押し寄せ、マーケットの開かれる週末はエラいことになってます!



 アンティークで有名なポートベローマーケット。
london

 世界的に有名なため、土曜日は人だらけで何がなんだかワケが分からない!!

 アンティークマーケットなら、エンジェルの方が落ち着いて見れるわねぇ。(エンジェルについてはコチラ



 ロンドンではちょっとイベントでもあれば大変な人出だし~

london
 これは、スペインのワイン&タパスの物産展を兼ねたフェスティバル!(過去記事コチラ)

 人だらけでゆっくり食べるとこが確保できなくて、ワインの味もよく分からなかった・・・(^^;


 
 ハイドパークのジャーマンクリスマスマーケット
london

 ロンドンにクリスマスの前に現れる小ドイツ。

 空気のきーんとした感じ、もの珍しいドイツの雰囲気、懐かしいわぁ~。(過去記事コチラ


 一年に一回のジャパンフェスティバルも
london

 人だらけで何にも見れたもんじゃないしね~(^0^; 



 取りとめもなく人の多いお話でした。

 それにしてもこうして見るとほんとに人が多いね!
 なんか写真見てるだけで人酔いしそうだわ~。 
 ブログの書きかけの記事を発見しました。

 ロンドン時代に書いたもの・・・

 ロンドンの生活がいかに苦悩に満ちたものか、お伝えしようとして、あまりにも長い道のり、それもめっちゃネガティブな内容、と言う訳で途中で嫌になって書くのを止めちゃったのだった。

 途中からはしょってお伝えになりますが、せっかく発見したので掲載しようと思います。


  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 今日

 また

 また

 バスルームの修理人が来ました。

 壁の修理人が来る、と聞いていたのに


 来たら


 バスルームのパネルの修理人だった…



 まずこの件について、最初から説明しましょう。

 新築の賃貸マンションの我が家。

 日本では新築ってラッキー♪な訳ですが、イギリスでは断じて違います。

 なぜなら何でも適当なこの国では、建物も適当に建てて、不具合が起きたら、あーやっぱり?って直すと言う

 非効率極まりない

 やり方なんです。

 入居前から起こり続けている様々な不具合。

 そのひとつで、一番長く解決にかかっているのがバスルームの水漏れと水の浸食で破壊された壁。
 

 入居後しばらくして、バスルームの壁にひび割れが現れて来たんです。

 で、真面目な私はすぐに、物件を管理している不動産屋に連絡。

 この不動産屋が、

 仕事がいい加減。言った事は無視。

 すぐに人が変わる。引継ぎなどしないのでなしのつぶて。

 で、何を何度言っても進展しないんです。

 それで、


 ようやくラッキーで修理にこぎつけた。

 と思ったら


 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
 

 ここまで書いて力尽きたのね。

 ほんとに長かったもんなー。

 ちゃんと修理が完了されるまで。

 要は、バスルームの、この写真の
london

 ・トイレットペーパーホルダーの下一帯の壁が変色してはがれて来た

 ・修理を頼もうと大家に依頼された不動産の管理会社に連絡した

 ・放っておかれた

 ・再び管理会社に連絡したら、担当者が辞めていて初めから説明し直し

 ・これを3回くらいやり直す。(バブル期で転職し放題だったためフザけた仕事振りのヤツばっかりだった)

 ・フラットは保証期間中だったため、管理会社からデベロッパーに連絡。

 ・デベロッパーで同じ事(放置×3回、みたいな)が起こる。

 ・やっと配管工が来て・・・

  壁が浸水するのは、写真の丸で囲ったところの隙間から水が漏れ出すからだ。
london
 
 自分は配管工だから担当外。パネルの会社に連絡しろ。と言い残して帰る。

 ・まだ水漏れ問題が解決してないのに、壁塗り職人が来て壁を塗り直して行った。

 ・水漏れは解決していないまま放置され、壁が再び浸水。

 ・再び連絡するとデベロッパーから人が見に来て、これはパネルのせいではない気がする。再び配管工をよこすからと言って去る。

 ・次に来た配管工が、
london
 ピンクのところから水が漏れていると判断。

 じゃあまた修理に来るから、とその日は帰る。

 ・しばらく放置の後、ほんとに修理されるのか?とやきもきし出した頃、修理人が来る。

 ・風呂桶横のパネルを開いたところを見たら、多分建築時の作業人が風呂桶の下にジュースの紙パックやぞうきんなどを放置しているのを発見(--

 ・壁が侵水しているので、再び不動産の管理会社に連絡。

 ・上から二番目~七番目の行程を繰り返し、やっと壁塗り職人再登場。


 そして

 
 ・最初の連絡から数ヶ月して、なぜか水漏れの原因ではなかったはずのパネルの会社の修理人が現れる


 書いただけじゃなくて、間にもっと細かく色んないい加減な仕事や勘違いなんかもあったんだけどね。

 とにかく、シンガポールなら二日で終わっちゃう様な修理を数ヶ月の時間と相当な忍耐力を持って完了させたんだねぇ。

 言っとくけど、不具合はこれだけじゃないからね。

 電話の配線、食洗機、冷蔵庫、換気扇、その他色々色々色々色々・・・

 山ほど起こる不具合を、同じよう~~~な行程を経て解決して来たの!


 わたし、今回のTOEIC、試験のための勉強ってそんなにしてないのよね。

 にもかかわらず、専業主婦生活をしながら900点超えをしたのは、こんな、膨大な不毛なやり取りの応酬により鍛えられた英語力の賜物よ。


 こんなところでまだしゃべれない子供を預けるなんて考えられなくて仕事もできず、子供と24時間向かい合い・・・
 
 それにしても大変だったなー!!

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

// ホーム // 次のページ >>