海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人の夫と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

そう言えばだけど、「アートメイク」って言うのも意味不明の和製英語よね!

英語だと「permanent makeup」が一般的。

ことさら、最近の、刺青じゃなくて皮膚の上の方の層に染料を入れる種類の眉のアートメイクを指して言う時は「eyebrow embroidery」と言います。


で、そのアイブロウ・エンブロイダリーの話のつづきでございます・・・

「eyebrow embroidery singapore」でググるとかなりの確率でビューティーブロガーのブログがヒットする。

で、それらには事細かに色んな情報が載っていて、「○○サロンの△△にやってもらいました。彼女はとっても上手!」

と、美しく彫られた眉毛の自分と施術師の写真をアップしている。
みなさんほんとにきれいな仕上がり。


ふーん、いいじゃんいいじゃん


と思うも、こう言うパターンは1400ドル(10万円以上!)くらいかかるのね。

そして早い人では一年くらいで薄くなると言う。

高ーーーい!

毎年眉に十万とかかけてらんないべー!



しかも、だよ

色んな掲示板の書き込みをチェックしてみると


「○○サロンで eyebrow embroidery をしたけどひどい仕上がりだった!
ビューティーブロガーたちにだけはきれいにやってるけど、本当はいい加減なサロンよ!気を付けて!」


みたいな書き込みが!(--;

ビューティーブロガーたちの eyebrow embroidery の記事の最後には必ず


「私の名前を言えば○○%オフになるわよ!」


と書いてあるので、恐らくサロンとブロガーは提携していて、ブログ見て来た客の数に応じてブロガーにいくらか入るようになってるとかなのかしらね。
宣伝なのでサロンは力を入れてきれいに仕上げている模様。

うーん、それではブロガーの記事はアテにできないのね・・・

危ないところだった・・・


それにしても eyebrow embroidery まともそうなサロンですると高いなー。

なんとかならんもんか

と、さらにググると、

シンガポールのぐるーぽんがヒット。


ネットとかでよく名前を見かけるサロンのタッチアップ付のeyebrow embroideryが99ドル!


やってくれるのはベーシックなヤツみたいだけど、元々、薄くなった地眉に色を指すくらいのものを希望してて、お高くて自然な仕上がりの3Dじゃなくても良かったので、おおー、これはまさにわたくしにぴったりな!!

これにしようこれにしよう!


と思いつつ、そのサロンでeyebrow embroideryをしたビューティーブロガーの記事を読み・・・

さらに下にスクロールしてみたら

コメント欄に


「そのサロンの安いプランをグルーポンでみつけて行ったら

英語のできない中国人の施術師が

高い3Dに変更しろと言って、変更するまで絶対に施術してくれなくて

頭に来たから帰ったわ!お金と週末の時間を無駄にした!!」


と怒りの書き込み発見!(-ε-;


あぶなかったー!!


そんなワケでサロン探しは暗礁に乗り上げる・・・

齢43歳、年取って、色々老化いたしております。

ここ数年気になっていたことのひとつが眉毛。

描かなくていいくっきりした眉毛を与えてやったんだから感謝しろと親に散々恩を売られて来たわたくしの眉、なんのことやらここに来て薄くなり散らかしてまして!!

まあペンシルで描けば良いんですけどね、あれなんです。
日々すっぴんの年寄りくさい薄眉顔を年下夫に見せてるのが忍びなく・・・(/□\)
眉毛って結構顔の印象決めるよね。薄眉ってやっぱババァくさいー(T^T

そんなワケでついにアートメイクを決心!


が、どこでやるか・・・サロン探しは長い旅路であった。

まずね、ググって分かったのが、現在のシンガポールにおけるアートメイクのタイプ。



singapore


サロンによって呼び方は変わるけど、大体どこも以上の施術をやってくれる。


お値段の相場はと言うと、ちょっといいサロンでやると

ベーシックなのは大体$200弱

3Dは$1400弱

4Dは$2000超


お安いその辺のサロンでやると

ベーシックなのは大体$200弱

3Dは$900弱

ってとこかな。

で、誰が施術してくれんのか、腕はどうなのか分かんないじゃない。
それで評判の施術師を指名すると指名料がさらにとんっとかかるのね。


それで、ネット上では3Dのタイプをするのが一般的って風潮っぽくなっている。

なぜ「風潮」って言うかって言うと、

まず、各サロンフェイスブックのページを持ってるんだけど、眉のアートメイクをした客の写真は3Dの人ばかり。

そして、

南へ下がるほど美人が減ると言われるマレー半島のどん詰まりであるシンガポールの美女状況は惨憺たるものであるのだが

なぜか

ビューティーブロガーがわんさかいる。

で、どうやらそれらを興味を持って読む人も多いみたいなんだけど、

ビューティーブロガーたちはこぞって3Dのアートメイクをやりました!って書いてるのね。

しかし、どうも色々ググってみると、彼女たちとサロンはどちらも美味しい思いをするべく組んでるっぽく・・・



おっと長くなったから次回につづく。

つづきは⇒ コチラ


久々のブログ更新。
写真の整理をしているので~。

今日はシンガポールのマーケットについて。

シンガポール、マーケットがあるんですのよー。あちこちに。
日本人妻の皆さん、こぞってバスやMRT乗り継いで観光客も行くチョンバルマーケットに買い物に行ってますがね

シンガポール人の80%が国が分譲した公共住宅(HDB)に住んでますが、HDBにはマーケットがつきもの。
都心でなければちょっと調べれば多分ほとんどの人が近所にマーケットあるはず。まぁ何しろ同胞の口コミ命だものね~、彼女たち(^m^


さて、そんなマーケットのひとつを紹介いたしましょう。

singapore


シンガポールのマーケットはまあどこも作りは似たり寄ったり、規模や新しさが違うくらい。
やっぱ通ってもらってなんぼなので、おまけしてくれるとこの方が多い(^0^


singapore


お買い得の店は一目瞭然
singapore

おばちゃんたちが群がっているからだ!


マーケットの楽しみは、スーパーじゃあんまり見かけない南国フルーツも充実している事。
singapore

ランブータン、マンゴスチン、ライチなどなど・・・


そして、なぜかマーケットで売ってる野菜果物は全般甘い。
singapore

常温で保存してるからかしらね。

日本は果物が高いからすごーくお得な気分よ。


生鮮品だけじゃなくて、調味料や日用品を売ってる店も入ってる事が多い。
singapore

インドスパイス専門店とか
singapore

中華の乾物屋とかもあったり、極めたい人には良さそうな店もあるわね。


スーパーでは売ってるけど買わないのにマーケットだと買ってしまうのが・・・
singapore

シンガポールは練り物の種類が多く、美味しい。

singapore

しかしマーケットで売ってるさつまあげ的なヤツには必ず指の跡がくっきりつけられているのがなぞ・・・手作り感を出すためなのか?
色々想像してしまうので個人的にない方がありがたいんですけど・・・(^^;


これも、マーケットでのみ美味しそうに見えて買ってしまう
singapore

ザーサイ的な漬物。

食べる時は水にさらして塩気を抜くものらしい。

中華スープの具にしたり、スパゲティの具にしたり、色々楽しめます!(^^


まあ実際、お値段は安いんだけど、お安い昇松スーパーと変わらなかったりして、昇松の方が乳製品・日用品なんかもずらっと品揃え豊富で売ってたりして便利だったりするんだけどね。

しかしまあ

マーケットにはたいていホーカーセンターがついたり
singapore

買い物ついでについ寄り道しちゃうわね。

マーケットについてるホーカーは大体朝から開いてるけど夕方には閉まっちゃうとこが多いので注意だけど。


お気に入りのお店もあったりするから結構楽しかったりもするのね。


ちなみに、ウェットマーケットを探す簡単な方法は、本屋で売ってるシンガポールの道と言う道を網羅してる Street Directory と言う地図本で果物野菜のマークを見つける事よ。

シンガポールは中華系の国。
風水のためって話なんだけど、大きなビルの前なんかには噴水とか水のインスタレーションとかあったりして

んでもって常夏だして、街中でよく

singapore

こんなことになってたりするんだけども

ちゃんとした水遊びのできる場所を作ってあるところもあるのよね。

本格的なプールだと、


新しいところで セントーサのアドベンチャー・コーブ (過去記事コチラ)

東の方には Wild Wild Wet (過去記事コチラ)

行ったことないけど、西の方にもチャイニーズガーデン駅近くに同じようなのがあるね。


プールじゃなくて


サイエンスセンター

I12(旧カトンモール)


とかにも立派なウォータープレイグラウンドがあるね。

写真が見つからなくって紹介できないけども、カトンモールのなんてたくさん遊具があって無料だからとってもお得よ。
ただし大人の座るイスがないから、私は新聞持って行って待ちながら読んだの敷いて地面に座ってるけど。

他にも水遊びできるとこは結構あるみたい。コチラにリストがあるから参考になさって~。
あ、VIVO CITY のは水遊びってほどのもんじゃないね。足濡らすくらい。


さて、そんな水遊びのたくさんあるシンガポールだけど、ウチからはどれも遠いのが難点!

かろうじて家から一番近い水の遊び場が

singapore


こちらは水の遊びだけでなく

singapore

結構広い遊具のコーナーもある。

ちょっとした空中散歩っぽいのも作ってあって結構動き回れる。

これらはガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内にある無料のエリアなので~す。

こちらシャワーも完備でまったくの無料よ!

あ、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイって広いから、わたしはここにたどり着くまでにシャトルサービスを使うので往復で一人$2払っちゃうけどね。
このシャトル、夕方5時だか6時までなのが注意なんだけど。

ここの水遊び場は水が上からスプリンクラー的に降って来るのと下から吹き上げるのだけで遊具はなくってどうかなーと思ったけど結構ウチのはよろこんでずっと遊んでたわ。
飽きても普通の遊具もあるしね。


これも夏休みの子供の発散に使えるわね~。

テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

夏休みに子供を遊ばせる場所のご提案でもブログに載せようかなーと思いながらあっと言う間に夏休みも終わっちゃいました~。あははー。子供がいると何にもできないね~。

そんなワケで今さらな記事ですが、夏休みに子供を連れて行く穴場、それは


Health Zone

singapore

ここは、オートラム・パークの国立病院の建物群のひとつに入ってるんだけど、子供に健康、食育、性教育を教える施設なのね。

入場料は大人3ドル子供1.50ドル

行った時はローカルの夏(?)休みと重なってたんだけど子供少なかった〜。

南アジア系、マレー系はちらほらだけど、特に中華系は皆無!塾で勉強してるんだろうな!ひー。

そんなワケで一見税金の無駄遣いっぽく見えるんだけど、そこはシンガポール、どうも学校の課外授業で使われたりしてるみたい。


まず入り口を入るとちょっと体を動かすコーナー

singapore


仮想サッカー

singapore


子供を連れて来たおかんもムキになるバスケットゲーム

singapore

など


そこを通ると

ゲームで食育コーナー

singapore

サブウェイとか一般企業と提携して作られたゲームなんかが置いてある。

字の読める年だと、はい、やっといで~、と言うと自分で遊んでます。


中毒は怖いよゾーン

singapore

ドラッグとかたばこの害について。

あと性教育のゾーンもあって、ちょっと7歳児には早いので、ちょっと説明に困るんだけどね~(;^^A


なんかゲームとかもありつつ

singapore


歯と目のコーナー

singapore


大人も血圧測ったりできる一角もあるし。

singapore

隠しといてなんだけど、この体重で標準なのよねー、42歳って~。
中年は太って当たり前なのよ・・・見た目を維持するのには相当努力が必要になるわよ!お若い方々!覚悟しておいて~。


んで最後豆乳もらった。
singapore


地味な施設だけどそれなりに時間もつぶせてそこそこ体力も発散できて知識も身に付くんで悪くないのよ~。
平日、夕方5時までしか開いてないけどね~。

詳しくは⇒ コチラに

テーマ:シンガポール - ジャンル:海外情報

// ホーム // 次のページ >>