海外放浪、国際結婚、海外生活・・・なぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがちなちょっぴり稀有な日々。
Latest Entries
Profile

bomingo

Author:bomingo


人生も旅もなぜか思いも寄らぬ方向に行ってしまいがち。
現在、旅と人生の相棒・スウェーデン人のトビ氏と07年東京生まれの娘とロンドン生活を経てシンガポール在住。

私の年表はコチラ
ブログタイトルの由来はコチラ

Category
Monthly Archive

月別過去記事検索

Ranking

*クリックありがとうございます*

在シンガポールのブログが見られるよ。

シンガポール生活情報


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


このブログをお気に入りに追加

Search Form

Google で「strange boat ○○(キーワード)」って入れて検索した方が正確な結果が得られますが・・・(^^;

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

QR code

QR

普段、スピリチュアルとかオーラとかなんとか言う人を見ると、トラウマがあって人に注目してもらいたいかわいそうな人なのかなって思うクチで

この、自分の経験した話も、ごく少数の友達にしか話してないんだけど

同じようなことがあって気が詰まったり後悔してたりとかしてる人とシェアできたら良いかと思って書くことにいたしました。



一昨年の7月のある昼下がり

ベッドルームでネットをしてたんだけど

突然


ガタガタガタガタ!!


とベッドのサイドテーブルが大きな音を立てて揺れた。


それは、ネズミかリスが入り込んで出られなくなってもがいて暴れてるとか、そのくらいの勢いの感じで

しかし、シンガポールでコンドの中にネズミもリスも入ったなんて言う話しはついぞ聞いたことがないし

ヤモリがそのような音を立てるとは思えないし


何?!


とびびりながらも、サイドテーブルの引き出しを開けてみたが

中のものに何も変化はなかったし

生き物なんて何もいなかったし

そうしている間に飛び出て来たものもなかった


しばらく様子を見ていたけど、それ以上何も起こらず

残りの日は普通に過ごした。



その夜、日をまたいで午前2時ごろ

LINE通話の呼び出し音に起こされた。


姉からで、認知症であった祖父が亡くなったと言う。

実は前日の夜中にケアホームのベッドから落ちてこん睡状態に陥っていたのだと言う。



それで

祖父が亡くなる前に会いに来たのだろうかと

わたしは幼少期祖父母に育てられたので、祖父はわたしを孫の中でも一際かわいいと思っていたらしいので


らしいと言うのは

大正生まれの祖父は感情を表に出すことがほとんどなく

祖母が


おじいさんはぼみちゃんがかわいいから
ぼみちゃんの買ってくれたこれをこんな風にしてたのよ。


などと言うのを聞いて知るのみだったので


だから会いに来たのかなって

そんな風に思っていた。


急なことであったし、お通夜はもちろんお葬式にも出ることができず
四十九日も出席できずで心の痛む日々を送っていたのであったが



それからさらに2-3ヶ月経ったころ

リビングで「きらきらアフロ」の動画を見ていたんだけど

確か中村勘三郎が亡くなって間もないころで

鶴瓶がその話をしていて


あの世ってあるんやろか


と言ったら

リビングのエアコンが、小さくだけどカタカタと鳴った。

おじいさんが


あるんだよ


って言ってるような、そんな気がした。



それからさらに数ヶ月

翌年の正月明けにようやくわたしは祖父の墓参りに行くことができたのだけど

レンタカーをお墓の近くで停めた途端

突然、あられがそれはものすごい勢いで降って来た。


それでも線香などを用意していると

ラジオから


では次の曲です





 わたしのお墓の前で

 泣かないでください

 そこにわたしはいません

 眠ってなんかいません






と言って

千の風になってが流れて来た

祖父は


こんな遠くまで墓参りのために来なくても良い

自分からいつでも行けるのだから


と言っているのかなと



一連の出来事で思うに至った

きっと人は、肉体がだめになっても魂は存在していて
 
どこにでも行けるのだと


だから、遠く離れていて

死に目に会えなかったとか

お墓参りができないとか

負い目に感じなくて良いのではないかしらと


生きている間に

愛している人には十分にそれが伝わるように日々暮らしていれば

良いのではないのかしらと

こんな記事がありました。


大富豪が「お堅いメディア」に投資する理由


アマゾンの創業者

スティーブ・ジョブズの未亡人

フェイスブック共同創業者のひとり

eBayの創業者

などが、いわゆる昔ながらのクオリティペーパーってヤツを買収したり、新しく立ち上げられたニュースサイトなどに投資したりしていると言うお話。

抜粋すると


「うぬぼれかもしれないが、テクノロジー業界の人間は、自分たちが世界をよくできると信じている」とオミダイア(ebay創業者)は言う。


「新聞は、成り金ビジネスマンのキャリアの最後を飾る勲章にすぎなくなってしまうのかと考えられてきた」
と、ニューヨーク・タイムズ紙のマイケル・ジンバリスト副社長(研究開発担当)は言う。
「だが今、大きな成功を収めたがまだ若い起業家たちが、長い目で新聞に投資しようとしている。彼らは『壊し屋』であり、(ニュースメディアでも)これまでと同じような提案はしないだろう」。


アメリカでは、新規のビジネスで大成功を収めた人が、


次はニュースでやってやる!


ってなるんだねぇ。

なんか・・・

日本だってそれぞれ皆さん社会貢献とか、経済界に新風を吹かせようとか、色々やっていらっしゃいます。
それも分かっちゃいるんですけどね!

しかし


事業で成功した。財を成した。じゃあスポーツ球団買っちゃおうっかな!!


みたいなのが前面に出ちゃう日本と一味違うな・・・



あと、

オーストラリアで手に取った新聞

新聞名の下

oceania


INDEPENDENT ALWAYS


って

実際この新聞について詳しいことは存じませんのですけども

そう言うひと言をつけたすと格好良く思われるんだなー、オーストラリアって

って思って自分の国を振り返ったらちょっとため息が出た

って、それだけの話さ。

 こんな記事があったわ。


 「ホームレスお断わり」 マック難民はどこへ行くのか


 内容は、某マクドナルド店舗に


 『当店スタッフが当店の利用にそぐはない【不衛生、ホームレス等】と判断した方の客席および当店の利用をお断わりさせて頂きます』


 と言う張り紙がしてあったと言う話。


 確かに不衛生な人がいる店は客として嫌だけど、ホームレスか否かは関係ない気がする。

 これ読んで思い出したのが上海のマクドナルド

 asia

 マクドナルドの商品は買わず持ち込みの食べ物食べて堂々とまったりしてる女の子と

 ジュース一杯買って熟睡してるホームレスらしきおじさん


 本土の中国人は確かに列を無視する人がいたりカオスを生み出すんで、シンガポールでも不満噴出、愛されてる人々ではないけれど

 一方で

 わたくし前にロンドンで狭い店の中を歩いてた時、中国人らしき人に思っきしベビーカーをぶつけた事があって

 ものすごく焦って


 ソーーーリーーー!!


 って振り返ったら


 目に入ったのは


 普通~に歩き去って行って行く姿だったり


 中国人のカオスはお互いへの寛容さから来ている面もあるんだな


 と感じることもたびたびある。



 それからもうひとつ思い出したのが、私のアイドル下川裕治氏のブログ


 『日本人の店が怖い』


 年をとるにつれ、日本人の店を敬遠するようになってきた。
 どこにでもあるような居酒屋。
 チェーン店が多い。
 こういう店の対応は画一的で、丁寧な言葉の背後に威圧感が潜む。
 アルバイト店員が教えられる接客マニュアルは、サービスという仮面をかぶったトラブル処理術にも思えてくる。


 と言うような内容で、わたしも同意するところ大。

 アジアの店は、愛想は良くなくても、水を持って来てくれた時などにひとこと


 ありがとう


 と言ってにっこりするだけで


 ありゃありゃありゃ、どうもすいません!


 と言いたくなるくらい細かい気配りでいそいそ世話をしてくれることが多い。

 子どもにも、一見さんなのに


 ウチの子を愛してくれてありがとう!


 ってくらいかわいがってくれるし。

 そこには


 マニュアル通りにしてれば問題ないし


 って言う、日本式の事なかれ主義でない個々の優しさがあって

 ほっこりさせてくれるんだな。
 

 そんな世界に住んでると、子連れで日本に行くのは



 緊張感を強いられる



 色んな国に行ってみたけど、日本みたいに子どもに冷たい国は他に見たことがないからね。


 あと、日本では、関係ない人はまったく関与してない問題だと思いますが


 脱法ハウス問題


 ってのもあったりしますが(コチラとか参照なさってね


 子ども、ホームレス、女性

 日本人の弱いものへの冷たさって何なんだろう。


 何なんだろう
 

 何なんだろう


 そんな人たちの心を何に例えたらいいかしら


 そんな人たちの国で困っている人たちの心を何に例えたらいいのかしら


 


 どうか、お互いに優しくできる人たちであってください


 
  
前回のブログで国民性の話になったんで関連して・・・


中学生の頃、雑誌宝島の映画レビューに、あまりに内容がヒドいので日本では劇場公開されなかった作品とあって気になった映画があった。


それは「ガン・ホー」と言う。


とあるアメリカの田舎町で、その町唯一の産業だった自動車工場が閉鎖となり

町の人間は食うに困っていたので、日本の「アッサン自動車」を誘致しよう、となり

自動車工場の工場長が、未知の生き物日本人とアメリカがナンバーワンと信じるベタな田舎のマッチョアメリカ人たちの軋轢のハザマで右往左往する

と言うコメディ。


なんとそれがたまたま近所のレンタルビデオ屋にあって見たのよ。

当時、うわ、ほんとにヒドいなー、日本はこんなんじゃないよー、と思ったのだが・・・

社会人になり、日本の会社と外資とで働き、何も知らずにやって来た日本で日本人に囲まれて働くガイジンと一緒に暮らし・・・

その当時、これまた偶然にも東京のマンションの近所のレンタルショップで見つけたもんで見たら


ガイジンから見たら日本ってこうかも!


と思ったのであった。

余談だけど、劇中で日本人役の人たちが出してる怒鳴るみたいなヘンなしゃべり方も、まさにトビ氏が日本に来た当初やってた日本人のしゃべり方のものまねそっくりで、日本語の強い語感は外国人にはあんな風に聞こえるらしい。


そんな映画も今となっては動画サイトで家にいて見れる世の中になっちゃいました。

今見返してみると

今どきはさすがに妻の出産に立ち会えないとかって少ないかな?と言う気もするけど、でも会議とか入ってたらやっぱサラリーマンはそっちに行くのかなー?

おかしな企業研修とかもなくなったり(だよね?)、日本人サラリーマンの環境も当時よりはちょっとは良くなってると思うけど、こうやって見ると国民性って30年くらいでは変わんないもんなんだねぇ。



それにしてもアメリカ英語!!


ちなみに、英語版ウィキペディアによると、トヨタの役員はこの映画を、アメリカ人をこう扱ってはいけない、と言う逆お手本としていたと言う(笑ける)

しかし、日本語とかハチャメチャなとこもあるけど、30年前にしては日本人のことよく調べてあるな!

実はわたしに出会うまで日本とは縁もゆかりもなかったトビ氏、ほぼ唯一知ってた日本語って


KAIZEN = 改善


だったんだよね!

カイゼンってのは、トヨタが推奨してたボトムアップの生産性向上法ね。(コチラ参照)

トビ氏のステップ父の本棚にも、80年代の「日本はこうして・・・!」的なビジネス書とかあったりして、当時は世界が「なんだあいつらはっ!どう言う事だっ!」ってその発展振りに注目してたのねー。


・・・今となっては、前は半年に一度はしてたイギリスの経済誌 The Economist の日本特集も最近はまったくしなくなったし。

結局従業員を奴隷のようにこき使う企業風土だけ残されて・・・
(つか、黙って働く方に問題がないとも思えないけど)

がんばれ、日本
思い起こせば2003年

住み慣れた愛しい山陰を後にしてからわたくしの思いもよらぬ長きに渡るデラシネ生活が始まったのでございました。

3年周期で国移動。 ...って、ん?そう言えば今シンガポール3年目なんですけど・・・まさか?!Σ(-ε-

そんなこんなで、去年の暮れに年賀状作りながら気づいたわよ


ひー、山陰出てから10年じゃん!!


そのちょっと前にさ、SNSで後輩に尋ねられたことがあって

それは、山陰にあるとあるカフェのこと


Cafe Rosso


って言うんだけどね。

聞かれるまですっかり忘れてたわぁ~。

後輩はコチラの記事を見たらしいんだけど

んで久しぶりに思い出したんでわたしもググったらこんな記事も見つかったり

コーヒー通の間では有名なのね。


カフェロッソができるまでの山陰には、本格コーヒーの飲めるカフェって言うか喫茶店って言うかって結構あったけど、クラシックだったり民芸調だったりって感じのとこばかりの中

イタリア式のコーヒーの飲めるおサレな感じの店がオープン、バリスタ日本一のカフェ?って

そのありがたみはさほど分かってなかったけど、行ってたんだよね~。

懐かしい。


それから東京、ロンドン、シンガポールと移り住み、色んなところに旅行に出かけ、さまざまなコーヒーを飲みました。

今、あのコーヒーを飲んだら、わたし、どう感じるだろう・・・

そんな風に思いながら暮らし、数ヶ月・・・


おっ、日本の通販サイトで買ったものを海外へ転送してくれる、転送コムのキャンペーンで、楽天市場で買ったものは海外送料無料!って言うのがっ!!


ぬー!なんてお得な!

この機会に是非!


と、カフェロッソの楽天サイトから購入したのでございました。


・・・買った後で


あれ、しかしコーヒーって航空便で旅させていいんか?


と調べたら


コーヒーは高温度 ・ 高湿度がダメ!


えっ


飛行機の貨物室内の温度は場所によって5-30度

そしてシンガポールでの郵便物なんて、晩は厳禁の高温度 ・ 高湿度の環境にさらされてる可能性大じゃないか・・・


と言う訳で、運が良ければ品質良好のまま届くと言う条件ではございましたが(^^;


届いたぁ~

japan

このために、保存状態をできるだけ良く保つために豆で買ったので、わざわざコーヒーミル買ったのよー。

思い出のために何だか出費しちゃった(^^;


でね、淹れてみたけど・・・

初めて使うミルでのコーヒーの挽き加減がいまいち分からず・・・

淹れたエスプレッソは、うーむ?って感じだったんだけど・・・

ミルクを入れて飲んでみたら・・・


ああっ


ああああっ


これは


これって


わたしにとってのカフェラテってこれだったーっ!!


って舌から脳に伝わった味から記憶がよみがえったΣ(-□-


10年前からだから、焙煎の加減とか何か変えられてる可能性は高いけど、でも、スタバとかなかった山陰でのわたしの世界でのエスプレッソって言ったらこの味だったのよ。


すごいね、味ってちゃんと記憶に残ってるんだ。

なんか感心したわ~。

って体験もさせてもらいました、今回。




エスプレッソブレンド-メリディオーネ-  200g

エスプレッソブレンド-メリディオーネ-  200g
価格:1,260円(税込、送料別)


// ホーム // 次のページ >>